パーティ

B.B.

パリで、今年75歳になられた記念として開催されているBrigitte Bardotのエクスポジションへ行って来ました。

99-1
ブリジット・バルドーも、好きな女優の一人。
ロジェ・ヴァディム監督の「素直な悪女」をはじめ、1963年ジャン・リュック・ゴダール監督の「軽蔑」での演技はもちろん、黒いターバン姿や、黒髪のショートヘア、赤のバスタオル姿のインパクト!思い出しただけでも、可愛い・・・。映画監督によって違う魅力が引き出されながらも、どんな役でもB.B.らしさが溢れている内面の強い個性が素敵。

映画はもちろん、60年代の音楽活動もオシャレ。今でも時々レコードを聴いたりします。
展覧会ではセルジュ・ゲンズブールとの代表作「Harley Davidson」、「Bonny and Clyde」、「Je t’aime… moi non plus」など、当時のアーティスト写真等も展示されていました。

99-2
この回顧展では、少女時代、スター時代・・・とスペースが分けられていて、幼い頃からのポートレート写真も沢山展示されていました。少女の頃は、バレエやダンスに没頭していたB.B.。当時のトゥシューズや衣装も飾られていました。
それから、スター時代の、健康的で、セクシーでキレイなヌードショットも。

99-3

会場で驚いたのは、平日の昼間にも関わらずとてもとても混んでいて、私以外のお客さんが全員、ご高齢の方々だったこと!
B.B.をリアルタイムでお好きだったのだろうな、と思われ、皆、当時の雑誌のカバーを見ては、あれこれ懐かしそうに語られていました。

99-4
会場のスタッフも皆B.B.スタイルで、可愛い!

99-5
B.B.フレームの、フォトスタンドも。

近年では動物愛護活動を熱心にされているB.B。
会場内の終わりの方のスペースには、その活動の様子が大きく取り上げられていました。

1月まで開催されているそうなので、パリに行かれた際には是非!

http://www.expobrigittebardot.com/

それでは皆さん、Bon week-end!

広告
コーディネート, パーティ

Salon du Chocolat

こんにちは。
前回の続きです!

98-1

パリでは、妹の親友Ayakoも日本からはるばる合流し、妹のサプライズ・バースディ・パーティ!
大成功でした!

98-3
そして、4人で楽しみにしていた「Salon du Chocolat」へ。こちらは年1回行われる、世界のショコラティエ達による展示会です。今年で15回目だそう。

会場中がショコラの香りに包まれて、なんと幸せな空間。。。!
“Salon du Chocolat” の続きを読む

コーディネート

Switzerland

こんにちは!

日本から、幼馴染みのYumiがヨーロッパにやって来ました。
97-1612

Yumiとはこれまで何度も一緒に色々な国へ行っていますが、彼女が私の住むロンドンに来てくれたのは、今回が始めて。やはり、日本で働いているとなかなかヨーロッパには来られない、ということを考えると、ヨーロッパって、日本から本当に遠い所なんだな、って思います。

英語もタイ語も万能な彼女。学生時代は登下校もクラブ活動もいつも一緒にいた私達ですが、大人になってからは、お互いが海外と日本を行き来していてなかなかまとまってゆっくり過ごせることもなかったのですが、今回は久しぶりに一緒に過ごすことが出来て、中学時代の語学研修旅行を思い出すような、子供の頃に戻ったような、自由で、懐かしい気持ちになりました。
今回の旅で訪れた場所を少し、ご紹介しますね。

97-1
2人でロンドンを楽しんだ後に、妹の住むスイスへ。
Yumiは昔から私の姉妹とも、とても仲良しなのです!(趣味の部分では私以上かも?!)

97-2
スイスは空気が澄んでいて本当に美しいのです。
この日は、妹の案内のもと、初の山登りに参加。
97-3
3つのリフトを乗り換えて、頂上まで。
97-4
リフトに乗って上昇すると、街がどんどん小さく見えて来ます。
97-5
こちらは、世界初、回転しながら上昇するゴンドラ!

97-6
97-7
97-8
頂上ではもう雪が降り出していました。今期の初雪だったそうです。気温はマイナス8℃!

97-91
山を下りてから軽食に、妹おすすめの美味しいクロワッサンを頂く私とYumi。
スイスのクロワッサンはバターがたっぷり使われていて、本当に美味しい!

97-10
道端で。

97-11
そして夕食は、本場のスイス料理へ連れて行ってくれました。
97-12
97-13
チーズフォンデュ、ラクレットにロシュティ。。。とっても美味しかったです!

数泊した後、妹の運転で、4時間かけてフランスへ。

マニュアル・ギアの愛車でハイウェイを運転する姿は、妹ながら頼もしい。。。
今回の旅のほとんども、妹が堪能なフランス語でオーガナイズしてくれたという、しっかり者なのです!

97-14
こちらはフランス、ワインの原料になる葡萄畑にて。
秋の夕日が金色に光って、本当にキレイ・・・!

仏田舎と都会パリ、両方を巡ってとても楽しかったです。

つづく。。。


コーディネート

l’été

こんにちは!皆さん、素敵な夏を過ごされていますか?

前回のブログから少し時間が空いてしまいました。私はとても元気にしています。プールやゴルフとスポーツを楽しんだり、秋に向けての制作やプロジェクトに励んだり、そしてヴァカンスにも出掛けたりと、楽しく夏を満喫しています。

84-11
ヴァカンスの後はパリに寄り道して来ました。
今の時期のヨーロッパはどこもお休みのお店が多い時期。そのため、パリでは普段行かないような初めてのお店で食事をし、日曜には久しぶりに蚤の市を探索して、のんびりと楽しく過ごして来ました。写真は、ガレットのお店で塩バターとキャラメルのクレープを頂いているところ。

何枚か写真をUPしますね。

84-22

こちらは、コレクションしているアンティークのボタンやレース。今回の旅では沢山の出会いが。ほとんどが19世紀のもの。

84-32
ゴルフは久々にグリーンに出ました。
結果は「悪くない」程度? やはり物事は練習の積み重ね、ですね。その後「打ちっぱなし」で3カゴ練習。

84-4
私の大好きな、生ハムメロンにペリエミントの組み合わせ。
この日はフリット(フライドポテト)も。

84-5
最近お気に入りの、ハローキティのビッグ・スウェット。H&Mです。

余談ですが、今せっせとマクドナルドに通っています。なぜかというと、、、

85-10
今なら、プレミアムサラダを注文すると、こんなレトロなコカコーラのグラスがプレゼントされるのです。何色か集めたいな。
私、すっかりマクドナルドの意にはまってしまっていますね!

85-9
ところで、私の姉は毎年夏になると、取れ立てのアンズでジャムを作るのですが、この絶妙なお味、甘すぎる事なく最高に美味しくて、朝ヨーグルトと一緒に頂くのが私の日々の楽しみ。。。今年も作ってもらいました!

こんなにたくさん、とっても嬉しいです!


それでは、またすぐに。


パーティ

Futurism

こんにちは 😉 。

こちらは7月も後半になると、さっきまで晴れていたのに夕方には強く激しい雨が降り出して来たりと、既に少しだけ夏の終わりのような雰囲気を感じ始めています。

最近は、ポスター・デザインの仕事の為に出身大学にあるstudioへ毎週通っています。夏休み中とはいえ「学校」という場所は、生徒が毎年どんどん移り変わって行くなかで、校舎はもちろん教授や技術者、アカデミックな材料は変わる事なくそこにあって、いつでも訪れるとそんな不変な状況に少し嬉しくなるものです。

83-1

さて、TATE Modernで開催されている「FUTURISM」展へ行って来ました。

フューチャリズムは、パリのLe Figaro新聞のフロント・ページにイタリアの詩人Fillippo Tommaso Marinetti氏が1909年に「未来主義創立宣言」を掲げて始まった前衛芸術運動です。DivisionismとCubismの要素の上で描かれ、それまでの伝統を破壊しdynamismやenergy、近代社会の動きを表現する新しい運動でした。
この展覧会には、そのマニフェスト自体も展示されていて、それまでの時代や芸術の概念を破壊し、新しくは近代社会の速さを表現することに集中した、貴重な作品の数々を見る事が出来ました。

アーティスト達の様々な表現を見ていると、作品のひとつひとつに、その頃に急激に機械化が進んだという時代背景や、「速度」自体を平面として表現する事に没頭したこと、それまでなされていなかった方法でどれだけ新しい表現を見せるか等ということに全神経を注いでいるパワーを強く感じました。

そしてさらに私が作品から強く強く感じた事は、作者の方々の「近代化により時代が変わる」ということに対する気持ちー喜びや戸惑い、ワクワクしている気持ち、希望や勢いのようなものです。そういった思いは作品自体に強く封じ込められていて、制作から100年近く経った今でも、作品に込められた当時の気持ちが見る側に強く伝わってくることに、全く圧倒されてしまいました。

今は機械の動きや物事の速さに慣れてしまっている私達ですが、その時代にはどんなに新しく感じられたでしょうか。いつの時代も新しい事を知ることは楽しみでもあり不安でもありますが、新しくなって行く世の中を楽しみながら芸術を通して社会に影響を与える程の運動を起こし、こうして何年経っても人の心に影響を与え続けるようなムーブメントに込められたパワーは計り知れないものであったのだろうな、と感じます。私自身、この展覧会によってその思想、運動そして表現に感じることが多くあったので、勉強し続けて行きたいと思いました。

それでは、また!


アニエスベー, コーディネート, パーティ

Parisでの写真

こんにちは。

先月行って来たパリでの写真を数枚、お届けしますね。
80-1
サンジェルマンの街角のお花屋さんにあったあじさい。アンティークのような淡い色合いが素敵。

80-2
カフェでランチをしている時に、ガラス越しにのぞいてきた、楽しそうな子供達。野外授業中だったようで、先生の後ろに一列になって歩いていました。

“Parisでの写真” の続きを読む

コーディネート, ファッション

music/trip/party

こんにちは 😛 。

今年も、Royal Festival Hallで行なわれる音楽フェスティバル「MELTDOWN」の季節が来ました!

79-1
16年目である今年のディレクターは、ジャズ・サックス・プレイヤーのOrnette Coleman。先週観に行ったYoko Ono Plastic Ono Bandにもゲストで出演されていて、素晴らしいプレイを見る事が出来ました。

さて、その翌日から私は再びパリに行って来ました!

この季節のヨーロッパはとても気候が良く、夜も10時過ぎまで明るくて、仕事もありつつとても楽しく過ごしました。 パリの写真はまた後日載せますね。

79-2
こちらは、昨夜ロンドンに帰って来た足で出席した、友人の結婚パーティーの写真。
79-3
なんと、50’sのロカビリー・スタイルのイメージの、ボーリング場のレーンを貸し切ったカジュアル・スタイルでのパーティー!

79-4
専用の靴を借りて・・・
79-5
ドリンクの途中で、1ゲーム。とっても盛り上がりました!

79-6
デザイナーの友人が撮ってくれた写真。

それでは皆さん、良い1週間を!



パーティ, ビューティ&ウェルネス

à Paris

こんにちは。

先週からパリへ行っていました!

72 1
ちょうど5月1日May Dayは、労働者の日。フランスでは、「すずらんの日」でもあり、この日は、親しい人達の間ですずらんを贈り合うことが習慣になっています。私もパリに着いた途端、妹から可愛いすずらんの小さなブーケを貰いました!

72 2
5月のパリは、お花がとてもキレイ。

今回もパリで色々と楽しいことがありましたが、その中から2つピックアップしてお届けしますね。

72 3
まずは、ビオ・マルシェと呼ばれるオーガニック・マーケット。こちらは6区ラスパイユ通りで開かれている、パリの中でも大きなマルシェのひとつ。日曜のみ有機野菜&果物などのオーガニック・マーケットになります。

72 4
72 5
72 6
72 7
72 8 1
焼きたての、ポテト+タマネギ+チーズのガレットを頂きました。美味しかった!

72 10
そしてもうひとつは、国立海洋博物館で開催されている「Les Marins Font La mode」展。
ファッションとしてのマリンルックの歴史を紹介、そして、長年愛され続けているマリンルックが、1840年から現在まで、世の中に与えて来た影響を解説しています。

72 11
入り口がまるで船のような造りに。

72 17
72 16
昔の水兵さんのユニフォーム現物の展示、そして、現代のファッション界で「マリンルック」と言われるコレクションがずらっと展示されていました。イヴ・サンローラン、ジャンポール・ゴルチェ、ヨウジ・ヤマモト、シャネル・・・。時代や流行を感じながらマリンとcreativityが合わさったファッションを楽しめる、刺激的な空間でした。

それから、ボーダーTシャツを着る、歴代のアーティストのポートレートも。
ボーダーTシャツを着た有名人と言うと、皆さんは誰を思い出されますか?
ゴルチェ、ジーン・セバーグ、B.B.、ピカソ、ミック・ジャガー・・・。ボーダーTシャツをさりげなく着ている彼らのポートレートは、彼らの人柄をも強く映し出していて、ファッションとキャラクターの繋がりを強く語っていました。

72 12
私も、ずっと大好きなマリンルックやボーダーTシャツ。フレンチ風からアメリカン風まで、ファッションとしてこれからも変わることなく世界中の人々に愛され続けるのだろうな、と感じた展覧会でした。

72 13 1
ちなみに、エッフェルタワーを近くに見られるロケーションです。

72 18 1
この日はたまたま私も、紺色のボーダー&ドットで、少しだけマリン風?

パリを訪れる事がありましたら、是非!(7月26日まで開催しています。)

それでは、また。

コーディネート, レストラン

プレゼント

こんにちは。
日本はゴールデンウィークですね!

先日ロンドン・マラソンに合わせてUKに来られて、取材をして下さったエル・オンライン編集部さんから、嬉しいお土産を頂きました。
71 1
なんとこちら、レンコン等のお野菜が砂糖浸けになっている和菓子なのです。甘党の私には何より嬉しく・・・それに、とってもお洒落。お漬け物まで頂いて、どうもありがとうございました!
取材では、お気に入りのお店をいくつかご紹介しましたのでお楽しみに…。

71 2 1
頂きものと言えば、キャンドルや石鹸など香りものを頂くことが多くて嬉しいのですが、部屋ではキャンドルは沢山並べて、そのmixした香りをも楽しんでいます。ローズ、ラベンダー、ジャスミンなどお花の香りが一番好きですが、最近は柑橘系が気分。

71 3
イギリス産のNatural Magicは、植物性ワックスとオーガニック・アロマオイルで出来た100%ナチュラル素材のキャンドル。どの香りもとても良いですが、最近はもっぱらグレープフルーツを愛用。火を灯さなくても香る程のサイズの大きさも特徴です。購入時、親切なカウンターのお姉さんが、銀のフタをオマケに付けて下さいました!

71 4 1
こちらはふたつとも今年になって妹から送られて来たもの。両方とも、パリから。同じ「ローズ」だけれど、ブランドによっての香りの違いも楽しいですね。
Diptyqueのキャンドルはもうずっと愛用していますが、ピンクの容器は初めて。Duranceは、プロバンス地方にある自社のラベンダー畑などで有機栽培した原料を出来る限り使っているとのこと。ナチュラルな、良い香り!パッケージングもとても可愛いです。

71 5
Diptyqueはもともとプレゼント包装されて売られていたらしく、こんなに可愛いラッピングがされていました!思わず撮影。

お土産やちょっとしたプレゼントって、何がベストかな、って色々と考えるものですよね。それを楽しめる人、得意な人、センスある人って、良いなって思うし、思いやりの精神に直に繋がるものだなって思います。スマートに、暖かい気持ちを物に託してさりげなくプレゼント出来るような人になりたいものです。

それでは皆さん、良い休暇を!

パーティ, レストラン

パリ(2)

 こんにちは! 
先日の続きです。

アニエスベーのコレクションを後にして、まずはランチ。

24 1

小エビとアボカドのサラダ。

24 2

この日のパリは一日、雨が降ったり止んだり……。

花代ちゃんから、ちょうどパリで行なっているという展覧会のインビテーションを頂いたので、18区まで観に行ってきました。

24 3

坂沿いにぽつんとある、“ストリート”な雰囲気のギャラリー。

花代ちゃんは2つのビデオ・インスタレーション作品を出典していました。どちらも、とても、良かったです!表現が繊細で自由であるのは、花代ちゃんの全ての作品に共通しているかも。

ギャラリーを後にして、パリ市内をふらふらと。

24 4

24 5

メトロ(地下鉄)も、とても便利な交通手段。

24 6

こちらは、去年の夏から始まった「velb’(ヴェリブ)」という名の公共自転車レンタル・システム。パリのあちこちに設置された自転車置き場で、自転車を自由に借りたり返したりできるシステムです。

これが出来た目的は、地球環境のため、そして車の渋滞対策だということですが、いつも車の渋滞のひどいパリ市内、今回はコレクション時期だからか、特にヘビーに感じました。。。

24 7

フランスのファーマシーには、ついつい立ち寄ってしまいます。

24 8

オーガニック製品「NUXE」に、ローズの新商品が出ていたので、購入。
厳選された3種類のローズとヘーゼルナッツオイル、そしてオレンジブロッサムという、なんとも嬉しい組み合わせの成分。
ミルク・クレンジング(写真左)を買ったのですが、早速使ってみたら、しっとりと潤って、と〜っても良いローズの香りが後々まで顔周りに残り、とても良かったです!洗顔フォームも買えば良かったな……。
それから、フランスのファーマシーの店員さんは、サンプル(写真右)を幾つもくれるので、嬉しいです。

24 9

夕方は、スーパーマーケットを覗いたり、スタンド(売店)で買った雑誌を持って、またカフェ、と、のんびりと過ごしました。
今回、お洋服の買い物は、気分が乗らず、ナシ。

夜になって、パリにいた妹と合流。
私は時差ぼけでとても眠くて、妹はものすごく空腹だと言っていたのに、会った瞬間からおしゃべりが止まらず、結局、そのまま話に夢中になって3時間。その後、ぐっすりと眠りました。

パリで、仕事以外では、新しいお店を探索したり、夜出かけたりするのも楽しいですが、私は通常このように、街のお店やギャラリー、馴染みのカフェに立ち寄ったりとゆっくり過ごし、その場で出会う新しい事には自然に身をまかせる、というのんびりスタイルが、一番自然で好きな過ごし方です。
と言っても、行きたい所がありすぎて、結局バタバタしてしまうことも多いのですが……。

次の日は気持ちのいい快晴、無事にロンドンに戻りました。

次からは久々の、ロンドン・ブログです!