アニエスベー

Défilé

パリ・ブログの続きです。

この日は、アニエスベーHOMMEコレクションへ。


アニエスベーの服は、大人でも子供でも、どんな人種のどんな体型の人でも、着るとその人の個性が強く出ること、品があること、そして強い思いが芯に宿ったクリエーションが唯一無二です。様々なタイプのメンズモデルが着こなしてウォーキングしている姿を見て、そんなことを改めて感じたショーでした。

ラストでは、デザイナーのアニエスも大きな拍手で迎えられてご登場。

ショーの前には、ピアニストの方の演奏があったりと、楽しい一時でした。

ショーの後、アニエスと。
突然ほっぺにブチューっと大きなキスをされ、照れてしまった(すごく嬉しそう?!)な、わたし。

お土産に頂いたのは、アニエスベーで今キャンペーン中の、水が入ったボトル。

ボトルには、「l’eau comme l’air le bien de tous」と書いてあります。

「水や空気というものは、どんな人にも与えられ、どんな用途にも必要な、貴重なもの。全ての人の財産です。このボトルに水を入れて持ち運びましょう、水を大切にしましょう」、というメッセージを持ったもの。
ミッテラン元大統領の奥様の財団「Fondation Danielle Mitterrand」もキャンペーンに参加されています。


そして、Phillippe Starck(フィリップ・スタルク)がデザインを手掛けたこちらのヴァージョンのボトルは、パリのアニエスベー・ブティックで、5ユーロで買いました。

ボトルには、上と同じメッセージが、また違う表現で書かれています。
こちらは、フランスのアニエスベー・ブティック、もしくはフランスのアニエスベーwebsiteフランスの自由協会のwebsiteから購入可能だそうです。

デザイナーとしてのアニエスのご活躍はもちろん、人や地球を救う為に多くの支援をされている彼女の熱心なご活動にも、私達の将来のために、進んで参加して行きたいですね。

では、また!

アニエスベー

in Aoyama

日に日に、風が冷たくなってきましたね。

今日は朝から、アニエスベーのプレスルームへ。

MDの可児さんと、ミーティングでした。

104-31

104-2

104-4
なんだか2人、楽しそう?!

また何か発表出来る時には、追々こちらでお伝えして行きますね。お楽しみに 😉 。。。!

帰りには、1F・B1Fの店内でショッピング。

104-5

可愛いものが沢山あって迷いましたが、ロンドンでも愛用している「ab♡heart」シリーズのキャンバス地のトートバッグを色違いでお買い物。
色々つけてカスタマイズする予定です!

それから、ボーダーTシャツも。
形も素材もとっても可愛かったので、また着た時に載せますね。
104-6
今日、私が着ているニットのワンピース(襟がアンティークっぽいレースになっています)はパリのアニエスベーショップで買ったのですが、この秋冬、最高にお気に入りの1枚で、最近では毎週着ています。

ちょうど今日、青山店にもありましたよ!

では、また!


アニエスベー

a bag

こんにちは!

昨日のブログで持っていたバッグは、アニエスベーボヤージュのニューシリーズ”ab heart”のもの。

93-2
赤のハートと白黒のデザインのロゴがとっても可愛くて、サイズも軽さも使い心地もベスト、今一番のお気に入りのバッグです。

このシリーズの赤いお財布もとっても可愛かったので、近々合わせて使うのが楽しみ!

93-1
ところで先月、アニエスベーから日本の若い女の子向けのニューライン “To b. by agnès b.“が来年スタートするとの発表がありました

私が10代の頃は、渋谷公園通りの上の方にあったアニエスベーLOLITAのショップにもよく通っていましたが、若い女の子特有の可愛さって本当にその世代しか持っていない、ピュアで儚くて、特別なものですよね。その頃には気付かなかったけれど、大人になってから懐かしく思う、その頃キラキラとして見えた将来とか、精一杯だった毎日とか、お年玉を持ってアニエスベーのお店に行った時のワクワクした気持ちや冬の冷たい朝の空気とか、優しくされて嬉しかったお店のお姉さんのことも、そういう気持ちすべてを大人になった今でも当時の服1枚から思い出すことが出来る。
アニエスベーの服って、一生思い出と共に大切にしたい、そんな魅力があると思うのです。私は当時のボーダーTシャツ1枚も、今でも大切にしまってあります。そして、その頃お世話になったお店のお姉さんとは、今でも仲良くしていて。。。

2010年春にいよいよ到着する、日本向けのコレクション。
今の若い女の子も、将来この服をクローゼットの奥で見つけた時に、当時の空気の香りや音までもを思い出させるようなものになることでしょう。

それから、日本の女の子って皆本当にオシャレが大好きで、いつもキレイ!そんなイメージにアニエスがインスパイアされてどんな服作りをされたのか、私も実物のコレクションが見られるのを今から楽しみでワクワクしています。

カタログを見ると、水玉、チェック、ピンク・・・私もずっと大好きなものばかり。先に発売された限定スペシャルキットのピンクのTシャツも、実はもう既に愛用中。 大人の私でも着られる服も、沢山ありそうです・・・!

それでは、また 😉 。

アニエスベー, コーディネート, パーティ

Parisでの写真

こんにちは。

先月行って来たパリでの写真を数枚、お届けしますね。
80-1
サンジェルマンの街角のお花屋さんにあったあじさい。アンティークのような淡い色合いが素敵。

80-2
カフェでランチをしている時に、ガラス越しにのぞいてきた、楽しそうな子供達。野外授業中だったようで、先生の後ろに一列になって歩いていました。

“Parisでの写真” の続きを読む

アニエスベー, ビューティ&ウェルネス

メガネ撮影

セイコーオプティカルプロダクツ × アニエスベーの眼鏡の撮影がありました。

52 1
52 3
52 2
3種類のメガネを着用しました。
52 4
アニエスベー春夏の新作を着て。

52 5
この新作コート、柄も形もとても可愛いので今から目をつけています!

それから、写真を撮るのを忘れてしまったのですが、1着目に着たシャツ型ワンピースも絶対に欲しい!

52 6
↑こちらです。(コレクションの写真より)

52 7
大勢の方が撮影に立ち会っていました。

52 8
今日写真を撮って下さったのは、山下みどりさん。出来上がりが楽しみ!

52 9
明るい笑顔のお二人、ヘアメイクの小澤さん(左)とアシスタントの石黒さん。

52 10
エル・オンライン編集部の米原さん(左)とアニエスベー・プレスの藤枝さんは、打ち合わせ中……

52 11
セイコーオプティカルプロダクツの小玉さん。

撮影終了後、なんと、今日私がとても気に入ったブラウン細フレームの新作メガネを、プレゼントして下さいました!

52 12
横のデザインも、かわいい。

そしてすぐに、新有楽町ビル内にある「丸ノ内視覚センター」さんが、私の視力に合う度数のレンズを入れて下さり・・・この「セイコースーパールーシャス」というレンズは、UVカットと汚れ防止加工がされてあるそうです。良いですね!

実は、視力の悪い私なので、メガネは常に必ず持ち歩いているのです。

52 13
セイコーオプティカルプロダクツさん、どうもありがとうございました!

早速、愛用させて頂いています。

(こちらのメガネは、2月下旬から店頭に並ぶ新作だそうです。)

52 14
撮影の後は、藤枝さんとランチ。色々話せて楽しかったです。

ちなみに私の今日の私服は、大好きなアンナ・カリーナのシリーズから、でした。

1965年の「メイド・イン・U.S.A.」、ですね。

それでは、また!

アニエスベー

「アニエスベー」本社へ

 お昼過ぎに、「アニエスベー」本社へ。

用事をひとつ済ませてから、皆でランチ。

10 1

左から、私、プレスの藤枝さん、イベント担当の大谷さんと田中さん。

10 2

「鯖の文化干しご膳」。
鯖は干したあと、一日土に埋めたそう。味わい深くて美味しかった!

10 3

いつもお世話になりっぱなしの藤枝さんと。

今夏行なった私の展覧会は、皆さんの協力あってこそ成し遂げられたと、とても感謝しています。共鳴し合って一緒に頑張るって、素敵なこと。そして私達は、仲良しに。

10 4

ふたたび本社にて。
今日はたまたま黒いコーディネートのおふたり……かわいい!

10 5 1

では、また!

P.S. 今年、アニエスベーの日本上陸25周年を祝して、来月、デザイナーのアニエスが3年ぶりに来日されるそうです。盛大なパーティを予定していて、http://www.agnesb.co.jp/から応募できるそうですので、是非!

アニエスベー, パーティ

はじめまして!

 はじめまして、SHOKOです。ロンドンに住んで6年、アートの道で活動をしています。今日から始まる「SHOKOのロンドン便り」では、ロンドンに拠点をおきながらも東京やパリなど行き来している私のお仕事生活をベースに、日々気になった事、物、人などのお話をして行けたらいいなと思っています。皆さん、どうぞよろしくお願いします。

さて「ロンドン便り」初回ですが、まずは先日、一時帰国した時の事からお話しさせて頂きます。

SHOKO01 1 2

今年の春夏シーズンのアニエスベーのアーティストTシャツプロジェクトに参加していて 、先日までアニエスベー青山店、続いて京都伊勢丹店で、私の展覧会「SHOKO for agnes b. Feel the Warm Heart展」を開催していました。
今回の帰国は1週間程度でしたが、京都の展覧会を自分の目で見に行き、それから別の仕事で名古屋にも行ったので、ちょっとした小旅行気分の味わえた、楽しい滞在になりました。

写真は、京都伊勢丹アニエスベーにて、発売されたTシャツ2種類&原画の展示前で。

SHOKO02 1 2

少し前の話になりますが、6月末にはメンズコレクション・シーズンまっただなかのパリにも行って来ました!

SHOKO03 1 2

「アニエスベーHOMMEコレクション」では、あまりの来客者の多さに急きょ2回ショーをすることになり、幸い2回とも見せて頂いたのですが、間は10分程しかないという緊急事態! それにも関わらず、2回目の演出、コーディネートまでもあっという間に変えていて、2回目のショーは断然良くなっていたことに驚きました。最後にステージに出て来られたデザイナーのアニエスの表情もぐっと満足そうで、それを見た私もとても嬉しくなりました。

予定外の2回公演だったことをものともせず、短時間であれだけ「より良いもの」に変えてしまうアニエスのパワー、また、舞台裏では慌ただしい状態だったかもしれないのに、本番では全くそれを感じさせない、落ち着いたクールなショー。人としてもそうありたいなぁ、(気持ちが焦っていても、それを隠せるような……)と、そんな風に思ったり、ファッションショーも「ライブ」であるという事を改めて実感したり、ものを制作する身としてとても印象に残る出来事で、思う事の多いショーでした。

SHOKO04 1 2

ショーの後のパーティーで、デザイナーのアニエスと東京での展覧会の話をしました。
アニエスは私が10代のころから大好きなデザイナー。どんな事をしても、ひとつの強い芯が揺るぐことないストレートな表現・活動に、影響を受け続けています。

そういえば、今回のパリはちょうどセールシーズン!
ワンピース、ベストやサンダルなど、予定外のお買い物も安く楽しく満喫しました。

SHOKO05  1  1

この時期は毎年移動が多く、今年もロンドン、パリ、東京など駆け回っていましたが、初夏のヨーロッパはいつも最高のお天気で、すべてのものが光を浴びキラキラして見え、何もかもが楽しい時期です。次回は、ロンドンからお届けします!

それではまたすぐに!