パーティ, ファッション, ライフスタイル, 北欧, 展示会・パーティ

Marimekkoランチパーティー

468_01

先月のことになりますが、北欧を代表するブランド「Marimekko(マリメッコ)」が主催する、ガーデンランチパーティーにお呼ばれされました。

468_02

会場は、私もプライベートでも行っている、野村友里さんのレストラン「Eatrip」。

 468_03

この日は本国からクリエイティブ・ディレクターのカリーナさんが、私たちを素敵なホスピタリティでお迎えしてくださいました。

468_04

ビビッドカラーの鮮やかな色合いと、大胆なモチーフのプリント柄が特徴のマリメッコ。衣類も可愛いけれど、日本では、テーブルウェアに一番印象が強くあるのではないでしょうか。

 

「マリメッコ」と聞いてカラフルなお花のモチーフを一番に思い出す方が多いと思いますが、今回のコレクションは意外にシンプル。だけれどポップで、日常に取り入れるのに、使い勝手がとても良さそう。

 468_05

カリーナさんは、見た目の通りの、ナチュラルで温かく素敵な方でした!

ガーデンテラスで気持ち良い光を浴びながら、個人的にもデザインやクリエイション、北欧についてたくさんお喋りができ、とっても楽しい時間を過ごしました。

 468_06

北欧スタイルのお食事も、とっても美味しかった!

前菜は、サーモンやエビに、色とりどりのお野菜を使ってカラフル。

 468_07

メインの白身魚に、こちらも北欧らしくブラウンブレッド。

468_08

ミートボールにクリームソースとマーマレド。

マリメッコの食器は、フードにもよく合います。

 468_09

モデルでELLEブロガーのHeleneちゃんと、久しぶりの再会。隣同士で、楽しくおしゃべりしながら♪

 468_10

目の前は、仲良しのELLEオンライン編集長、Tommy♡

 

 

春の始まりに、とても素敵な時間を過ごしました。

 

Marimekko(マリメッコ)

www.marimekko.jp

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」2016年春夏コレクションよりロンドンにてスタート!

【ホームページ】www.sforshoko.com

 459_000

SHOKO・CD&書籍同時リリース!

 428_1

SHOKOメジャーデビュー・ファーストアルバム

A Love Letter to London2015年10月7日(水)発売(avex/cutting edge) 

428_2

待望の新刊・ロンドンブック第2弾!

SHOKOのロンドンファッション・スタイルブック 

自分らしくいるための、おしゃれなセンスの磨き方」2015年10月9日(金)発売(DU BOOKS

広告
北欧, 小物・アクセサリー

Lite Kalabalik

 368_6

スウェーデンにて、最南端の町マルメを拠点とするアクセサリーブランド「Lite Kalabalik(リト・カラバリク)」のデザインオフィスを訪ねました。

368_1 

カラフルなストーンと繊細なゴールドチェーン、スカンジナビアらしい洗練された雰囲気でありながら、どこか民族調でもあるユニークなデザイン。

368_5

スウェーデン人デザイナーのLina Andersonさんは、イスタンブールで活動した後、マルメに移住して2年前にブランドをスタート。

笑顔のさわやかな、スラリとしたチャーミングな女性です。

368_2

アクセサリーは、Linaが育ったイスタンブールで、一点一点ハンドメイドで作られています。

368_3

色とりどりのストーンのリング。

368_4

右にすこし写っている定番商品のブレスレット、チェーン部分はは布地なのです。イスタンブールにて特別手法で染めているのだとか。

368_7

2014年春夏のルックにも使われている、カラフルストーンのシリーズ。 

368_8

着用してみると、軽くてびっくり。

368_9

こちらは看板商品のひとつ。ブレスレットとリングが繋がっています。

こんな風に、色の違うストーンを重ねづけするのも素敵ですね。

368_10 

見た目の割にリーズナブルなので伺ってみると、

「スウェーデンからのお土産や、友人の誕生日プレゼントとして、気軽に購入して欲しいの。」とLina。

 368_11

この日オフィスに連れて行って下さった、広告とマーケティングを担当されている会社を経営されているAnnaと3人で。

Anna自身、いつもLite Kalabalikのブレスレットをさりげなくエレガントに着用されています。

368_13

帰り際、「今日の記念に」と、赤いストーンのネックレスをプレゼントして下さいました。

早速、愛用しています。

368_12

スウェーデンから先日ヨーロッパ各国に上陸し、早くも注目を集めているLite Kalabalik。

日本でも、購入出来る日が来るのもそう遠くないでしょう。

 

ウェブサイトも素敵なので、是非チェックしてみて下さいね。

 

Lite Kalabalik

http://litekalabalik.se/

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 
北欧

Red things in Sweden

 

Hej!(スウェーデン語で、こんにちは。)

 366_0

スウェーデンにいても、大好きな“赤い色”のものが気になる毎日。

366_2

海辺のサイン。

 366_7

大好きなイチゴ。

366_8

366_3

366_4

新しいサボ♪

366_5 

ヨーロッパで出会って好きになった、ルヴァーブ。

366_6

ルヴァーブのフローズンドリンク。

366_17

朝ご飯は、フルーツのみでデトックス。

366_11 

366_9

366_1

ストロベリーとラズベリーのタルト。

366_10

 366_12

今回ショッピングに行く時間はほとんどなくて、買ったものはポストカードとタイツだけ。

366_13

「タンバリン・スタジオ」でのレコーディングも、順調に進んでいます。

 366_15

366_16

では、また!

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

イギリス, 北欧

from London to Malmö

 365_1

ロンドンに戻り、また、仕事にプライベートに駆け回る充実した日々。

365_2

ツール・ド・フランスは、先週ロンドンを経過し、盛り上がっています。

365_3

ロンドンの街角のカフェでおしゃべり。

いつもの光景。

365_4

現代アート専門の「WHITE CUBE」を覗く。

このギャラリーのスケールが好き。

365_5

St. JOHN」の話題のドーナッツ。

365_6 

ジャムと迷って、カスタードをチョイス。

 365_7

週末は、ロンドン郊外の農場へ。

365_8 

数日前から楽しみにしていた、チェリーピッキング。

 365_9

毎年ギリギリにならないと“サクランボの収穫時期”が発表されないので、今年はタイミング良くロンドンにいられて良かったな。

 365_10

さらに、キャベツやカリフラワーも収穫。

365_12

キャロット。

365_13

太陽の光を受けて育ったラズベリーはとっても甘くて。

365_15

人形みたいなニンジンも発見♡

365_14

友達と一緒に、こちらが今日の収穫。

チェリー、ラズベリー、グズベリー、ストロベリー、キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー、そら豆、キャロット。

採れたては、やっぱり格別の味。

 365_16

ところ変わって、スウェーデンに移動して来ました!

 365_17

スウェーデン最南端にある港町のマルメは、The Cardigans(カーディガンズ)Eggstones(エッグストーン)などスウェーディッシュ・ポップ音楽でも有名な町。

365_18

カーディガンズの名曲「カーニバル」など、数々の傑作が生まれた伝説的レコーディングスタジオ「タンバリン・スタジオ」。

365_19

こちらで、主人と、エッグストーンのメンバーと一緒に、新しい作品を制作しています。

 365_20

と言っても、自分自身の作品のレコーディングにも忙しそうな主人とは逆に、私は歌入れの始まるお昼頃まで少し時間があるので、

365_21

数々の楽器を鳴らしてみたり、

 365_22

スタジオに来ていた男の子とゲームをしたり、

365_26

花の水やりをしたり、(ラベンダー、最高に良い香り。)

365_23

近所まで、イチゴや食材を買いに出掛けて、

365_24

皆のランチを作ったり。

365_25

さて、お昼になって、やっと歌入れが始まりました。

(早朝からレコーディングを始めるスウェーデンの方々の生活スタイルは、早寝早起きの私にとってピッタリ。)

 

ここから生まれる作品は、ロンドンで創る作品とも、東京やパリで創るものとも違う、新たな表現が出来そうで、本当に楽しみです。

 

こちらに暫く滞在して、自分にとっても発見があるような新作を創りたいと思っています。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –