その他, イベント・パーティ, カルチャーその他, グルメその他, スイーツ, ファッション, 展示会・パーティ

フリーマーケット開催のお知らせ!

487_01

先日「S for Shoko」にて開催した「SHOKOのティー・パーティー」、アットホームで楽しい時間を過ごさせていただきました!お越しくださった皆様、ありがとうございました。

487_02

私はS for Shoko春夏コレクションから、花柄のティードレスを着て、皆様をお出迎え♪

イギリスのティータイムにまつわる小話、楽しんでいただけましたでしょうか。

487_03

Gâteau de Yuko」のスコーンやシフォンケーキも、美味しいと大評判!

 

「SHOKOのティー・パーティー」は、今後も定期的に開催していこうと思っていますので、情報はインスタグラムをチェックしてくださいね。

 

487_05

さて先週は、文化服装学院で、特別講義を持たせていただきました。

今年の2月は大学のほう(文化学園大学)で特別講義をしましたが、今回は私の母校である、学院で。

487_06

そちらの様子は、私のもう一つのブログをご覧ください。

 

487_04

メモランダムの私の歌の連載、「SHOKO’s songbook」第5回目がアップされました。今回歌った「Danny Boy」は、編集長の長谷部千彩さんが連載当初、私のために選曲して下さったうちの一曲。ノスタルジックに仕上がって、私自身もとても気に入っています。

プロデュースはカジヒデキ、ギターは木暮晋也さん、ミックスは上田修平君。

こちらからご視聴ください。

 

FleaMarket

さて、今月の「S for Shoko」ショップのイベントは、フリーマーケット!

ファッション業界の仲間を集って、華やかに開催することに。

487_13

私はこのファッション業界に何十年もいて、プライベートでもファッションが大好き。たくさんの服を着て、触れて、デザインしてきました。そんな中でも、サイズが合わなくて着られなくなってしまったものや、年齢とともに似合わなくなってしまったものも多々。そんな、大事にしてきた洋服をリユースして大切にして行く精神を持つこと、環境に対する関心を高めることを目的とし、フリーマーケットを開催することにしました。

一緒に参加するのは、モデルやスタイリストなど、普段から仕事でファッションに関わっている仲間。彼女たちならではのスペシャルな私物の衣服や雑貨など、掘り出し物が盛りだくさん!

487_14

また「S for Shoko」では、家で眠っている服をリメイクして蘇らせるサービスブースを特設します。カウンセリングを受けたいお洋服をご持参いただけたら、私が直接、デザインなど考えさせていただき、リメイクを。

 487_16

また当日は、お客様に大好評の「Gâteau de Yuko」の焼き菓子の出店もあるので、土曜の午後、ぜひお気軽に遊びにいらしてくださいね。

 

11時からスタートに変更になりました!

 

 

★初夏のフリーマーケット開催★

日時:6月10日(土)11〜17時
場所:「S for Shoko」東麻布ショップ 

〒106-0044 東京都港区東麻布2-3-4-6F
入場無料
メンバー:潮田あかり(モデル)、大釜ケリー(モデル)、岩田麻希(スタイリスト)、中原歩(モデル)、鳳山えり(モデル)、SHOKO(アーティスト)、「Gâteau de Yuko」(焼き菓子)

※お買い物された商品を入れるためのバッグは、各自ご持参ください。
※フリーマーケット商品のお支払いは現金のみとさせて頂きます。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

484_01

S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)

【ホームページ】www.sforshoko.com

【ウェブショップ】http://www.sforshokoshopjp.com

 428_1

SHOKOメジャーデビュー・ファーストアルバムA Love Letter to Londonavex/cutting edge) 

428_2

待望の新刊・ロンドンブック第2弾!SHOKOのロンドンファッション・スタイルブック 自分らしくいるための、おしゃれなセンスの磨き方」(DU BOOKS

広告
お仕事, イギリス, イベント・パーティ, カフェ, カルチャーその他, グルメその他, スイーツ, ファッション, 展示会・パーティ, 東京

「SHOKOのティー・パーティー」開催のお知らせ

486_01

展示会が終わって、すこし余裕のある日々。

お天気の中お散歩したり、ヨガに励んだり、友達に会って外食したり、リラックスした時間も楽しんでいます♪

485_11

そうそう、はじめにお知らせを。

486_02

いつも入荷するたびすぐに完売してしまう「ロンドンガールズ」柄のスカーフ、新作2色(ピンクとネイビー)が発売になりました!

486_04

486_03

今、コスメティック柄とユニオンジャック柄も入荷したばかりなので、こちらのウェブショップからチェックしてくださいね。

486_05

さて、「S for Shoko」東麻布ショップは一周年を迎え、バルコニーから間近に見える東京タワーが青空に映える、美しい季節になりました。

486_07

お店の内装は、私が長年掛けてアンティークマーケットで集めて来た装飾品をはじめ、私の絵や、好きな映画のポスターややレコードを飾り、私のお部屋のようにデコレーションしています。

絵は定期的に気分で増やしたり掛け替えていて、私の敬愛するアニエスベーやポールスミスさんからプレゼントされた手書きメッセージも飾ってあり、ギャラリーのようにデコレーションしています。

486_06

こちらは「アニエスベー」40周年記念で作られたという特別ポスター。

実は2つ持っていて、ひとつは、親切なファンの方が譲って下さったもの♡

もうひとつは、本国フランスのオリジナルで、サイズが大きい特別なもの。どちらも大切に額装して、「S for Shoko」東麻布ショップに飾っています。

486_08

ショップの試着室も、私の好きなアンティーク調の小花柄の壁紙を貼って、お気に入りスペース。

また、ブランドを始めてコレクションを重ねていくうちの私の楽しみの一つは、コレクションをまたいでコーディネイトを完成させること。この日は初期の「MONETツイードジャケット」と、今シーズンの「ピンクフリルブラウス」と「小花柄スカート」を組み合わせて、パステルカラーのコーディネイトを。

 486_09

お客様が多い時に使う、もうひとつの奥の試着室には、いろいろな方のサインを増やしていて、ちょっとした秘密スペース。誰のサインがあるのかは、来てのお楽しみ?!

315

さて、今日はお知らせがあります。

486_11

これまで代官山蔦屋書店やうめだ阪急百貨店にて開催し、毎回ご好評を頂いている「SHOKOのティー・パーティー」を、今後「S for Shoko」東麻布ショップにて、定期的に開催することに致しました。

486_15
英国のアフタヌーンティーを重んじる文化は、私がロンドンで暮らした経験から、日常において自然でありながらとても大切なものだと感じています。

美味しいお紅茶とお菓子を頂きながら、テーブルセッティングや飾られたお花を目で楽しみ、仕事や世俗的なものから離れた会話で穏やかな時間を過ごすこと、また、少しお洒落をして出かける機会を日常に設けることを大事にしている私自身がホストとなって、ロンドンで季節に合わせてセレクトした特別なお紅茶と、こだわり抜いた自然の材料とオリジナルレシピがイベントやS for Shoko展示会でも大人気の「Gâteau de Yuko」の焼き菓子をご用意して、ティーパーティーを再現致します。

486_14

展示会のたびに特別製作をお願いする、私の姉が焼く「Gâteau de Yuko」の焼き菓子。

こだわりの材料を使って、姉オリジナルのレシピで焼くクッキーやケーキは、甘さも控えめでちょうど良く、お客様にも毎回ご好評を頂いています。

(インスタグラムが始まりました! @gateau_de_yuko

486_13

今回は、お紅茶のフレーバーが香るふわふわ&もっちりで美味しい「シフォンケーキ」と、お土産用に、展示会でも前回大好評だった「スコーン」を焼いてくれました(※ケーキとスコーンには数に限りがありますので、ご希望の方はご予約を。)

 

ティーパーティーの第一回目は、5月13日(土)、12〜16時

これまで他では公開していない、ロンドンでのクリエイションやカルチャーのことなど私の秘話も交えながら、スペシャルなティータイムをご提案。素敵な午後を一緒に過ごしましょう!

 

SHOKOのティー・パーティー at S for Shoko東麻布ショップ

第一回目「PICNIC」

 

日時:2017年5月13日(土)12〜16時 ※何時にお越しいただいても構いません。

場所:「S for Shoko」東麻布ショップ 106-0044 東京都港区東麻布2-3-4-6F

 

★今月のお紅茶:英国産グレープフルーツ・ティー 煮出すと綺麗なピンク色になってグレープフルーツがふわっと香る、英国産の特別な美味しいお紅茶です。

★今月のケーキ:「Gâteau de Yuko」シフォンケーキ ※紅茶とケーキセットで1,000円(税込1,080円)※要予約

★テイクアウト可:「Gâteau de Yuko」スコーン2個セット 500円(税込540円)※要予約

ケーキやスコーンをご希望される場合は、info@sforshoko.comまでお名前、ご同伴者様がいらっしゃる場合はその方のお名前、ケーキご予約の有無、スコーンご予約の有無」をご記入の上、メールをお送りください。

 

もちろん、ケーキなどご不用な方でもお気軽にティーパーティーにご参加くださいね。

 

IMG_0141

それでは皆さま、素敵なゴールデンウィークをお過ごし下さい。

 

私は今夜は、大好きなポール・マッカートニーの来日ライブ! とっても楽しみです♪

(写真は、一昨年の東京ドームライブの時に撮ったもの)

 

 

★東麻布ショップの5月の営業は6日(土)から、通常通り、水・土11〜18時になります。

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)

【ホームページ】www.sforshoko.com

【ウェブショップ】http://www.sforshokoshopjp.com

 428_1

SHOKOメジャーデビュー・ファーストアルバムA Love Letter to Londonavex/cutting edge) 

428_2

待望の新刊・ロンドンブック第2弾!SHOKOのロンドンファッション・スタイルブック 自分らしくいるための、おしゃれなセンスの磨き方」(DU BOOKS

その他, カルチャーその他, グルメその他, コレクション, ファッション

Summer 2016

こんにちは。

梅雨明けはまだだというのに、すっかり暑くなりましたね。

いつもこの時期はヨーロッパにいるのですが、今年は東京での仕事が立て込んでいて、出かけられず。今の美しい季節のロンドンやパリが恋しいです!

472_01

最近はインスタグラムに偏って、ブログがちゃんと書けていないので本来のブログの意味を考え中。

ちょうど8年前の今ごろ、ELLE編集長からブログのオファーを頂いた時には、「私が自分のことを書くなんて、苦手かも…!」とお断りの姿勢だったのに、今ではこうして「日常」のものとなっていて、不思議。あと、「続けていくこと」という人生で大切な課題のひとつを考えたり。

個人的には、落ち着いて書く「ブログ」という存在に意味を見出しているので、こちらもずっと続けていきたいなと思っています。

 472_04

さて最近は、わりとゆっくりした時間が取れているので、お友達と、夏らしい遊びをしたり、夏ならではの食を楽しんだり。

写真は、新宿伊勢丹の屋上で行われたファッションデザイナー・山本寛斎さん主催の盆ダンス(盆踊りイベント!)。

472_03

「日本元気プロジェクト」と称して寛斎さんがファッションと人間力の力で日本に元気を送るイベントの一つは、熊本の山鹿灯篭を頭に乗せて練り歩く600人の女性たち。

ヘアメイクをしたのは、我らが冨沢ノボルさん。とても美しい光景で、私も元気を頂きました。

472

一緒に遊びに行った福島リラちゃんと、山本寛斎さん、ノボルちゃんと記念撮影。

472_05 

ネイルも、ショッキングピンクで夏仕様に♪

サロンはずっと、恵比寿のネイディーンです。

 472_06

さて、自炊も大好きなので、家ではラタトゥイユなど夏野菜を煮込んだり、今の時期は、辛いエスニック料理を作るのが楽しくて!

(お料理している間は、音楽を聴くのがまた楽しみ♪)

472_07

外食も気持ち良い季節。

こちらは南インドカレー。私はヘジタリアン・ミールス。

472_08

毎年この時期になるといただく、スダチ蕎麦。

472_09

母からの差し入れ、水まんじゅう。

472_10

大好きなバーに、お立ち寄り♪ 日常の中のちょっとした、でも大きな幸せ。

ひとりでシャンパンと、桃とルッコラ&プロシュート♡

472_11

そうそう、この時バーでお隣になったRogerさんが手がける「WASABI」という名のハンドクリームとサニタイザーをご紹介します。

抗菌作用があるワサビに注目し、天然成分だけを配合してオーガニックで仕上げたサニタイザー(ハンドジェル)は、さらっと清涼感が手肌に残って香りも◎。すっきりしながら保湿効果のあるハンドクリームも、どちらもオンラインで購入可能だそうです。チェックしてみてくださいね。

 

472_12

さて、新しいお仕事のお知らせです!  

美しいピアノとファルセットボイスで良質なポップソングを奏でるミュージシャン、ビッケブランカ君の、CMで話題の楽曲「Natural Woman」が8月5日からiTunesで先行配信されます!

472_13

ジャケットアートワークは、私と、ヘアメイクアップアーティスト・冨沢ノボルさんとの仲良しコンビで、ボディペインティングで描きあげました。

こちらについては、私のもう一つのブログ「SHOKOブログ@装苑オンライン」に、撮影風景をUPしましたので、ぜひチェックしてください♪

 

472_14

さて、私のブランド「S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」の東麻布ショップは、水・土曜に営業中。

【7月の営業日】13日(水)、16日(土)、20日(水)、23日(土)、27日(水)、30日(土):11〜18時まで

東京都港区東麻布2-3-4-6F

TEL: 03-6277-7081

私もほとんど営業日はお店にいますので、ぜひお気軽に遊びにいらしてくださいね♪

472_15

そして、いよいよ8月から「2016秋冬アイテム」が販売開始になります!

すでに多くお問い合わせを頂いているセーラードレスやバラ柄のパンツ、フリル袖のトップスも、すべて同時に販売スタート。(8月上旬を予定しています!)

【※先行予約をご希望の方は、info@sforshoko.com までメールを。】

472_16

情報については、またブログやインスタグラムにUPします。

 

それでは、また!

 

S for Shoko東麻布ショップ

東京都港区東麻布2-3-4-6F

03-6277-7081

毎週水・土11~18時

http://sforshoko.com

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

S for Shoko(エス・フォー・ショウコ)」2016年春夏コレクションよりロンドンにてスタート!

【ホームページ】www.sforshoko.com

 459_000

SHOKO・CD&書籍同時リリース!

 428_1

SHOKOメジャーデビュー・ファーストアルバム

A Love Letter to London2015年10月7日(水)発売(avex/cutting edge) 

428_2

待望の新刊・ロンドンブック第2弾!

SHOKOのロンドンファッション・スタイルブック 

自分らしくいるための、おしゃれなセンスの磨き方」2015年10月9日(金)発売(DU BOOKS

グルメその他, スイーツ

Healthy and tasty.

 

こんにちは。

皆さんは、良い休暇を過ごされましたか?

 

私はクリスマスのホリデーはハワイで過ごし、自然に囲まれてポジティブなエネルギーを満タンにチャージしてきました。

 396_01

シーフードやトロピカルフルーツなど、ハワイらしい美味しいものもたくさん頂いたハワイ生活。

 

今日は、“食”に関するブログをUPしますね。

 

 396_03

新年、お茶の初稽古へ。

お初釜で、花びら餅を頂いて、お濃茶、お薄茶… 他の生徒さんたちとも交流して、一年の中でも大切な日。

今年も、日本にいる間はできる限りお茶のお稽古に勤しみたいと思っています。

 

 396_02

また、1月といえば「ガレット・デ・ロワ」。

スイスから帰国中の妹が、今年は広尾のブルディガラのものを買ってきてくれました。

こちらのは、アーモンドペーストもさっぱりとしたタイプ。姪っ子も一緒に、皆で夕食後に頂いたら… なんとフェーブが当たったのは、妹本人。

今年、妹にとって良いことがいっぱいある年になりますように♪

396_04

姪っ子と、レモンパイ作り。

おかし作りのプロであるママ(私の姉)の影響で、おかし作りが大好きな彼女。とても美味しく焼けました。

396_05

ヘルシーな食生活を心がけているので、朝は必ず「スーパーフード」を摂ることが日課です。

ハワイのホールフーズマーケットで各種ストック。フラックスシード、チアシード、ヘンプシード、アサイパウダー、ココナッツ、クコの実、ザクロなど。組み合わせや分量の違いを変えていくことも興味深いです。

この日は、アサイパウダーをミックスしたものとプレーンの2種のヨーグルト、4種のベリーと一緒に。

396_6

そして、普段から美容と健康の話で盛り上がっている仲良しのDidiちゃんが、「MONAVIE(モナヴィー)」本社へ連れて行ってくれました。

 

多くの栄養素を含むアサイベリーが見直されたのは近年のこと。

こちらの製品は、ブラジル産アサイをメインとした19種類のフルーツをブレンドした植物性栄養素ドリンク。私は、お味見をして「アクティブ」(緑)と「エミューン」(黄色)をチョイス。朝晩の食前に少しだけ頂くだけで、肌にも健康にも元気を与える魔法のドリンクです。

 

ちなみに写真の左に写っているのは、アサイ、バオハブオイルやアランギウムなど天然植物の成分が配合されたモナヴィーならではの化粧品。ローション(化粧水)とセラム(美容液)は即効的なふっくらハリ肌を実感して特に気に入り、リピート確実です。

 

MONAVIE(モナヴィー)

http://www.monavie.co.jp

 

IMG_7284

イタリアからの差し入れに、現地のオーガニックスーパーではポピュラーなメーカーの全粒粉100%グルテンフリーのショートパスタ、コーン粉のリングイネ、アップルビネガー、フィグのジャムなどを頂きました。

いずれも私の嗜好に合わせてBIO(オーガニック)。調理するのが楽しみです。

 

396_06

友人がうちに来るので、ランチを用意して。

フムス、キャロットのラペ、パクチーサラダなど、お野菜もタンパク質もバランス良く頂けるピタサンドは、作るのも頂くのもお気に入りで、ゲストの方にも喜ばれるランチ。

396_07

お魚型のディップは、母が40年前にアメリカでTV料理番組を見ていた時にヒントを得てアレンジしたという、サーモンを使ったレシピ。目にはオリーブ。私もホームパーティーの時には必ず作る、お気に入りの母直伝レシピです。

396_08

ところで、私がお友達を家に呼ぶと、主人はその日の私のおもてなしイメージに合わせてレコードを選択し、こっそりステレオの横に並べておいてくれます。まるで、その日のDJのように。

この日は、1960年代のフレンチポップスとギターポップをメインにセレクトしてくれていて、私好み。

会話の途中、お友達に「私この曲好き。」と言われたりして、お話のエッセンスにも。

 

 

今年も変わらず、“ヘルシー”と“美味しい”を基準に、美味しいものをたくさん頂いて元気に過ごしたいと思います。

 

お知らせ:

FullSizeRender

以前ブログでご報告した、英国バッグブランド「meli melo(メリメロ)」とのコラボレーションバッグの発売日が決定しました!

(すでにアッシュペーフランスにお問い合わせを頂いていると聞いています。ありがとうございます。)

 396_10

SHOKO for meli melo」のダイナソー(恐竜)バッグの日本での発売日は、4月18日(土)

当日の午後は、都内でスペシャル発売イベントも計画中です。スケジュール、空けておいてくださいね♪

3月末から、バッグ予約受付もスタートします。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,620円(税込)
文化出版局刊

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

 

※出版社にある在庫はすべて完売しました。現在は、書店にあるものがすべてになります。

下記2店舗には、今のところ随時在庫が確保されています。 

BOOKMARC(ブックマーク)・原宿
東京都渋谷区神宮前4-26-14
TEL:03-5412-0351

agnès b.(アニエスベー)・ロンドン
コヴェントガーデン(地下鉄:Covent Gardenより徒歩1分)

35-36 Floral St, London WC2E 9DJ

TEL: +44 (0)20 7379 1992

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

 
その他, カルチャーその他, グルメその他

food and music

 

ロンドンで生活していると、街にクリエイティブな刺激が溢れていたり、人が個々でいられることなど、クリエイターとしても一人の女性としても暮らしやすく良い所はたくさんあるけれど、毎日さりげなくひそかな喜びを感じていることは、“音楽”と“食”です。

ロンドンの食に関しては「女の子のためのロンドン・ガイド」にも書いたように、2000年を越した頃から人気スターシェフのレストランが次々とオープンし、街にコンセプチュアルでお洒落なカフェが溢れ、それでも同時に何十年前からあるインドカレーやベトナミーズなど昔ながらのレストランも変わらない美味しさで存在し続け、今やロンドンの街は美味しいものだらけ。

この日はブリティッシュレール(電車)の下にお店を構える天然酵母のパン屋さんにて、仕事の合間にサッとランチ。レンズ豆のスープには、添えられたヨーグルトとチリとパクチーが絶妙なバランス。焼きたての天然酵母カンパーニュと一緒に。

OFFの日、西ロンドンの少し先まで足を伸ばして、友人とティーサロンへ。

アフタヌーンティーを頂きながら、お喋りに花が咲く午後。

ケーキやスコーンの美味しさはもちろん、プレゼンテーションも可愛い。

 

ここ数年であっという間にロンドン中で流行したベトナミ−ズサンドイッチ「バインミー」。

甘辛に味付けされた三枚肉のポークと、キュウリ、にんじん、パクチーが入っていて、どこで頂いても本当に美味しい。

いつも、「パクチー大盛り」で注文。

 

ここ一年、グラノーラを作るのにも食べるのにもハマっています。

朝は最近、ヨーグルトにグラノーラ。大好物のイチゴやラズベリー、ブルーベリーをたっぷり乗せて。

東京では自分で作るのが好きですが、ロンドンではいくつかお気に入りのカフェやグロサリー自家製のものを買って、研究がてら食べ比べています。

Melrose and Morganのサワーチェリーグラノーラは「Great Taste 2013」の星付き商品。甘さが程良い。

お店によってドライフルーツの種類やメイプルシロップの量もそれぞれなので、もちろん味も食感も全然違うし、パンプキンシードを入れると美味しいんだな、とか、フルーツとオーツの分量の比なども参考になります。

でも結局、甘さも中身も好きに調整できる、自分で作ったグラノーラが一番好きかも。(当たり前ですね。)

さて、私のもうひとつの楽しみ“音楽”に関しては、私は特にロンドンでライブに行くのが大好きですが、気軽にフラッと一人で行ったり、友人と数人で行くのもまた違った楽しみが。

 

先々週は、一人で気ままに、ふたつのライブを見にいきました。

奇遇にも、二つともカムデンタウンの同じべニュー。

月曜は、「Babyshambles(ベイビーシャンブルズ)」のライブへ。

カムデンは、彼らのホームタウン。だからなのか、より思いが籠っているような、熱くて、気持ちの高まるライブでした。

ピートはやはりカリスマティック。良いライブが見られて良かった!

週末は、グラスゴー出身のロックバンド「Franz Ferdinand(フランツフェルディナンド)」のライブへ。

1stアルバムツアーのロンドン公演で見た以来だから、私にとっては約10年ぶりのフランツのライブ。

セットリストがすごく良くて、ライティングや演出もばっちりキマってて、何より演奏に芯があって、オーディエンスも大人な雰囲気で、予想を遥かに超えるほど楽しいライブで・・・ 久しぶりに、はしゃいでしまいました!

私は10代の頃からライブやバンドのTシャツが大好きで、今やたくさんのTシャツコレクションを持っていますが、近年はキリがないので買わないようにしていますが・・・やっぱりフランツのデザイン周りは19世紀末〜20世紀初頭の美術運動ロシア・アヴァンギャルドがベースにあるだけあって、こだわってる。

今回のヨーロッパツアーTシャツはデザインも形もカッコ良くて、つい買ってしまいました。

最近は、当日のライブがすぐにCDになるのですね。

それを販売していたスタッフの可愛い女の子。

帰り道、グラノーラとライブのことを考えながら夜空の下を歩いていると、東京でレコーディングを終え、全国カフェライブツアーに出ている主人から電話。

ライブのことを興奮まじりに語った後、そういえばグラノーラ…と話し出す。

私用のグラノーラは甘さ控えめヘルシーに作るけれど、主人用はいつもメイプルシロップとドライパイナップルたっぷり、のリクエスト。今回、私が作り置きしてきたものは、あっという間に食べてしまったみたい。

 

お互いが出張を終えて東京に戻る頃に、ロンドン仕込みの新しいレシピで作ってみるのも、今の楽しみでもあります。

 

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

グルメその他

美味しい写真♪

 

暑さの厳しい毎日ですね。

 

お茶のお稽古では、目から涼しさを感じられる様に、先生が細部に至るまでお心遣いをして下さいます。

こちらは、葉ぶたの水指。

目に、とても涼しそうでしょう?

 

 

週末に、友達とおしゃべりしながら頂いたジェラート(ミックスベリー&チョコレート)。

冷たくて、美味しかった♪

 

 

 

この日はタエコと、久しぶりにのんびりと過ごしました。

 

私のイベントに来て下さるお客様で、「私もmc Sister世代です!」と声をかけて下さる方も時々いらっしゃいますね。 歳はひとつしか変わらないけれど、私が16歳でデビューした時には、既に表紙を飾っていたベテラン・モデルだったタエコ。 にも関わらず、初対面ですっかり気が合ってから、今までずっと一緒に過ごして来ました。

 

この日は、久しぶりにタエコの実家へ。

いつもお互いの家を車で行き来しているのですが、この日、タエコの実家の辺りを車で走っていると、色々な思い出が蘇る、よみがえる! 「あの時、あんなことで悩んでいたね」とか「あの頃は、なんであんなに食べてばかりいたんだろうね(!)」とか、本当に他愛ないことなのだけれど、それがとっても愛おしくて。
今はもう、未来の日々にいるからかな。

 

今は、私はアートの仕事をして、タエコはママ業に大忙しと、毎日の生活環境が全く違うので、もちろん共有出来ない話題もあるけれど、そんな時もお互いのことを正直に話し合って行ける大切な親友。

ELLEオンラインの読者の方は私と同世代の方も多いと思いますが、30代って本当に「各々が、それぞれの環境で過ごしている」時ではないですか? 皆さんは、どんな風に、違う環境にいる大切な友達との距離を保っているのでしょうか。この日、“思いやり”が何よりだと再確認したのは、タエコの深〜い友情(愛情)にまた触れたから。

 

タエコのことを考えるとき、いつも私は初めて会ったときのことを思います。

人と繋がるのが簡単な今の世の中で、本当の意味で心が通う人とは、何もかもが自然に繋がって行くもの。

 

そんなことをしみじみと考えた一日でした。

 

一緒に頂いた、バーニャカウダと、茄子の付けだれのおそうめん♪

 

 

 

 

さて、“美味しい”写真をもうひとつ。

 

 

5月にリニューアル・オープンした「パレスホテル」。

この日は、日頃からとてもお世話になっている方と、グランドキッチンでランチタイムを過ごしました。

白木を基調としたシンプルな店内にはテラス席もあって、自然が心地よく、楽しく貴重なお話とともに本当に素敵な時間を過ごさせて頂きました!

 

まずはスムージー♡

左:マンゴー&バナナ、右:ブルーベリー&ヨーグルト

 

キノア、ブルグール、コンニャクや海藻の「デトックス・サラダ」。

 

取り分けると、こんな風に盛りつけて下さいます♪

 

オニオングラタンスープ。

 

三元豚のロース肉、グレイビーソース仕立て。

 

カジキマグロとヤリイカのココット(トマト煮込み)。

 

以上、すべてシェアして頂きました。

 

グラス&ソルベ

私は、チョコレート、ラズベリー、ストロベリー。

この組み合わせが好きです♪

 

どれもと〜っても美味しくてhappyな午後でした!

 

 

最後に、今のネイル♪

ピンクのショートネイル。

ネイディーン表参道にて。
03-6418-4705

担当は、紙谷さんです。

 

 

 

 

P.S.「女の子のためのロンドン・ガイド」、各誌で紹介されました。

ありがとうございました!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売される予定です。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドンガイドです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー