コレクション, ファッション

London Fashion Week 2015-16 A/W

 

ロンドン・コレクション 2015年秋冬

私も、たくさんのショーや展示会を見せていただきました。

 

いくつかご紹介させていただきますね。

 

 

MARGARET HOWELL(マーガレット・ハウエル)

403_01

イギリスを代表するデザイナーの一人である、マーガレット・ハウエルのコレクション。

403_02

ウールのセーターやポロネック、クロップドパンツが多く見られたチャーミングなTomboyルック。

ソックスと靴など小物使いも印象的でした。

403_03

個人的に特に気に入ったのは、黒のルックと、プリーツスカート。

403_04

403_05

どのルックにも、マーガレットさんご自身のフィロソフィーが反映されていて、とても素敵でした。

 

JOSEPH(ジョゼフ)

403_06

こちらもイギリスらしい洗練されたブランドのひとつ、JOSEPH。

地下駐車場をロケーションにしていたので、ゲストには銀色のひざ掛けが配られて、ショーの演出にもなっていました。

403_07

ブランドの象徴のひとつでもあるニットやウールの素材感を活かしたアイテムがとても可愛かった!

403_08

403_09

ジョゼフの服は、着心地と触り心地が抜群によくて、私も普段から贔屓にしています。

 

 

PAUL SMITH(ポール・スミス)

403_10

チェックのパターンの色使い、真紅やカーキ、紺色などの色使いがポールスミスらしくて印象的。

シンプルでいて素材と品質というベーシックな部分を大切にしたことが、より伝わって。

403_11

どの服もとても着心地が良さそうで、着てみたいと感じる本当の意味の “ready-to-wear” なコレクションでした。

403_12

笑顔のポールさんのお姿も拝見できて、とても嬉しかったです。

 

 

BURBERRY(バーバリー)

403_13

ケンジントンガーデンズの中に特設会場を設置して大規模で行われたバーバリーは、「パッチワーク、パターン&ペイント」が秋冬のテーマ。

403_15

フリンジやペイズリーといったボヘミアンテイストのアイテムが目白押し、とても華やかでした。

 

TOPSHOP Unique(トップショップ ユニーク)

403_16

70年代後半から80年代を感じらたコレクション。

現代のロンドンの女の子たちの日常で、パーティーに行ったり仕事に出かけたり、どのシーンにも活躍しているTOPSHOPの存在感を残して。

403_17

多くのルックに、赤か黒のブロックヒールのパンプスを合わせていたのも印象的でした。

 

MULBERRY(マルベリー)

403_18

7月に新しいクリエイティブディレクターを迎え、よりクリエイティビティを感じる新生マルベリーのコレクション。

403_19

アルパカのセーター、シープスキンコートなどマルベリーらしいアイテムに、刺繍やスクリーンプリントなどの大胆なパターンと装飾を組み合わせ、今っぽさを感じて、とても良かったです。

  

 

VIVIENNE WESTWOOD RED LABEL(ヴィヴィアン・ウエストウッド・レッド・レーベル)

403_20

ヴィヴィアンご自身の少女時代を反映したかのような、多感な少女性の印象を残したコレクション。

403_21

ツイードやタータンチェックといった素材、赤やオレンジを組み合わせた色使いで、ヴィヴィアンのオリジナリティが光って、元気。

403_22

403_23

403_24

ロンドンコレクションという本場で、ヴィヴィアンご自身の元気なお姿を見られたことは、私にとって貴重に感じる、至福の一瞬でした。

 

 

ロンドンのデザイナー、英国のブランドはやっぱり表現とメッセージが強い!

今回のロンドンコレクションに、たくさんの刺激を頂きました。

 

今日からは、London fashion weekendがスタート。

まだまだ続くファッションウィークの写真、インスタグラムも是非チェックしてくださいね。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,620円(税込)
文化出版局刊

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

 

※出版社にある在庫はすべて完売しました。現在は、書店にあるものがすべてになります。

下記2店舗には、今のところ随時在庫が確保されています。 

BOOKMARC(ブックマーク)・原宿
東京都渋谷区神宮前4-26-14
TEL:03-5412-0351

agnès b.(アニエスベー)・ロンドン
コヴェントガーデン(地下鉄:Covent Gardenより徒歩1分)

35-36 Floral St, London WC2E 9DJ

TEL: +44 (0)20 7379 1992

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

 
広告
イギリス, コレクション, ファッション

I'm back in London.

 

こんにちは。

私は、大好きなロンドンに戻ってきました! 

402_02

少しずつ春の訪れを感じる、ロンドンのこの季節。

とはいえ、まだまだ風が冷たくて、この週末はロンドンらしい曇り空。

402_03

ファッション業界では、2015年秋冬のロンドン・コレクション(London fashion week)も始まりました。

 

私もコレクションを見るため、ロンドン市内を駆け回っています。

402_04

初日の朝は、可愛いパターンとガーリッシュな世界観が人気の「Orla Kiely(オーラ・カイリー)」のショーを見に。

402_05

会場は、古き良き雰囲気のある図書館。

402_06

ショーが始まる前から、新作を着たモデルたちが、ところどころでパフォーマンス。

402_07

今シーズンのテーマは、「60年代後半の図書館」。

Orla Kielyのキュートな世界観にノスタルジーテイストが加わり、今までより少しシックなスタイルになって、どのルックも可愛らしかったです。

402_08

色で遊んだツートーンのスカートや、ロング丈のワンピースなど、私も着てみたいお洋服がたくさんありました。

402_09

個人的には、こちらのピンクのケープとスカートは気になったルックのひとつ。

402_10

デザイナーのオーラ・カイリーさんにもお会い出来ました。とってもチャーミングな女性でした。

 

日本上陸が今から待ち遠しいですね。

 

Orla Kiely

www.orlakiely.com

11

さて、今日もいくつかのショーをハシゴして、今年の秋冬の新作を見てきました。

ロンドンコレクションの写真は、毎日インスタグラムにまとめてUPしますので、そちらも是非ご覧くださいね。

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,620円(税込)
文化出版局刊

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

 

※出版社にある在庫はすべて完売しました。現在は、書店にあるものがすべてになります。

下記2店舗には、今のところ随時在庫が確保されています。 

BOOKMARC(ブックマーク)・原宿
東京都渋谷区神宮前4-26-14
TEL:03-5412-0351

agnès b.(アニエスベー)・ロンドン
コヴェントガーデン(地下鉄:Covent Gardenより徒歩1分)

35-36 Floral St, London WC2E 9DJ

TEL: +44 (0)20 7379 1992

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

 
ファッション, 小物・アクセサリー

PANDRA 2015 spring collection

 

デンマーク発、ジュエリーブランド「PANDRA(パンドラ)」の春の展示会へ行ってきました。 

401_01

PANDRAは、手仕上げによる高いクオリティでモダンなジュエリーをデザインする、デンマークの首都コペンハーゲンで創立されたブランドです。

401_02

会場は、青山のカフェ、ニコライ バーグマン フラワーズ&デザインフラッグシップストアのNOMU。

隣接するニコライ・バーグマンのお花と、天井の高い気持ちいい空間が好きで、私も普段からよく利用しているカフェ。

401_03

会場に入り、パッと目を奪われた、美しい白一色のプレゼンテーション。

401_04

上品なテーブルセッティングのところどころに、ジュエリーの新作がキラキラと美しくデコレーションされていました。

 

2015年の春の新作は、“The magic of Nature”をメインテーマに、春の訪れを意味するプリムローズ、デイジー、バタフライが可憐なチャームやリング、ピアスとなって。

401_06

フローラルモチーフは、今期ファッションとしても注目のトレンドですよね。

401_05

特別に制作されたお花のスイーツ、PANDRAロゴの入ったマカロンもセッテイングの一部に。

401_07

中でも注目すべきは、数あるチャームから自分で好きなモチーフを選んでカスタマイズ出来るブレスレット。

401_08

3Dに象られたチャームは、ホワイトエナメルとキュービックジルコニア製も。

401_09

個人的に気になったのは、やっぱりロンドンモチーフ!

ロンドンバスもあるのだそう。

ユニオンジャックは、絶対に欲しいな。

 401_10

また、今年のMother’s day collectionは、無条件の愛がテーマ。

 

“Always in my heart”や”Mum”など文字のメッセージが彫刻されたものから、ハイヒール、カクテルグラス、ハート、キー(鍵)、ハト、薔薇などモチーフがかたどられたチャームが数多く揃って。

401_11

私も、カスタマイズに挑戦。

オリジナルのブレスレットを作ってみました♪

401_12

まず、土台となる3種類から、ブレスを選びます。

401_13

どのチャームも可愛くて、組み合わせに迷うこと数十分・・・

401_14

出来上がり♪

私が選んだのは、お花とハート、赤いお人形。

 

(余談ですが、私が着ている「Azabu 10」スウェットは、麻布十番の友人のお店 KOOKYのもの)

 

401_15 

パンドラの春コレクションは、小田急新宿店や玉川タカシマヤ店などで3〜4月より販売開始(コレクションにより発売日が異なります)。

 

是非、春になったら店頭でチェックしてみてくださいね。

 

PANDRA(パンドラ)

www.pandora.net

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,620円(税込)
文化出版局刊

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

 

※出版社にある在庫はすべて完売しました。現在は、書店にあるものがすべてになります。

下記2店舗には、今のところ随時在庫が確保されています。 

BOOKMARC(ブックマーク)・原宿
東京都渋谷区神宮前4-26-14
TEL:03-5412-0351

agnès b.(アニエスベー)・ロンドン
コヴェントガーデン(地下鉄:Covent Gardenより徒歩1分)

35-36 Floral St, London WC2E 9DJ

TEL: +44 (0)20 7379 1992

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

 
カルチャーその他

Recent artworks

 

“なりたい瞳No.1”を誇るROLAちゃんが全面プロデュースするカラコン、「LIL MOON(リルムーン)」が新発売。

 広告のアートワーク(イラスト)を描き下ろしました。

 400_1

400_4

東京・大阪・名古屋・北海道・福岡の5都市でこちらのビジュアルのトラックが今日から走るそうなので、街で見つけて下さいね。

 400_3

Lil moon(リルムーン)

http://www.lilmoon.jp

 

400_2

ROLAちゃんのビジュアルに携わるのは、2回目。

昨年、彼女のブログヘッダーのアートワーク(イラスト)も手掛けました。

 

 

 そうそう、一昨年NYLON JAPANでコラボレーションした木村カエラちゃんとのアートワークも、本になって発売しました。

400_5

 「Session」、ご覧くださいね。

nylon6_2

 カエラちゃんのブログ:http://kaela.jugem.jp/?eid=795

 

 

話は変わって、大好きなイチゴの季節。

400_7

この日は朝から家のチャイムが鳴って、友達が静岡から「章姫」を届けてくれました。

 400_6

毎年、この季節になると必ずいただく、資生堂パーラー銀座の「あまおうのパフェ」、今年も安定の美味しさ。 

400_8

イチゴを彷彿させるような甘い色合いの「アニエスベー」のカーディガンプレッション、春の新色ベビーピンク。

ヘアアクセサリー・ブランド「GOÛTER(グーテ)」の、お花付きワイヤー入りカチューシャKIKIの新作を合わせて。

 

グーテ展示会のブログ:http://blogs.elle.co.jp/shoko/2014/11/gouter-2015-ss-exhibition/

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,620円(税込)
文化出版局刊

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

 

※出版社にある在庫はすべて完売しました。現在は、書店にあるものがすべてになります。

下記2店舗には、今のところ随時在庫が確保されています。 

BOOKMARC(ブックマーク)・原宿
東京都渋谷区神宮前4-26-14
TEL:03-5412-0351

agnès b.(アニエスベー)・ロンドン
コヴェントガーデン(地下鉄:Covent Gardenより徒歩1分)

35-36 Floral St, London WC2E 9DJ

TEL: +44 (0)20 7379 1992

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

 
ファッション, 展示会・パーティ

H.P. France Exhibition

 

H.P. France(アッシュペーフランス)のプレスルームで、4月18日(土)に発売になる「meli melo(メリメロ)」­コラボレーションバッグのミーティングをしてきました。

399_01

4/18発売日の午後には、都内でローンチイベントも開催します。

スペシャルな内容にするべく、スタッフの皆さんと念入りに企画を練っています♪

399_02

コラボレーションバッグの予約受付は、3月28日からに決定!

 日本に入荷する数には限りがあるので、ご購入を決めてくださっている方には是非ご予約をおすすめします。

399_03

ミーティングが終わってから、今年の春夏と秋冬、両コレクションの展示会を見てきました。

(実際にはこれから春が訪れるというのに、ファッション業界ではもう来年の冬。)

399_04

まずは「meli melo(メリメロ)」、今年の新作をチェック。

サイズや形、色合わせのバリエーションが豊か。組み合わせによって、それぞれ全く違った表情なのがいいですね。

399_05

水色のビッグサイズ、可愛い。 

赤い服に合わせたいな。

399_06

上の写真で私が被っているお帽子も、パリのブランド「JACQUES LE CORRE」のもの。

バッグと帽子の展開があるという、注目ブランドです。

399_07

形も素材も、気に入りました。

399_10

夏はいつも、派手なアクセサリーが活躍。

399_11

パンジーのクラッチバッグ、一目惚れ。

399_12

靴やネックレス、お帽子もずらり。

 399_13

399_14

左のバッグはお魚型。

399_08

春夏コレクションの棚には、私のコラボレーションバッグも。

399_09

SHOKO for meli melo」コラボレーションバッグは、2色、2サイズ。

どちらのバッグにも、ショルダーとハンドルが付いています。

399_15

お洋服が同じでも、季節や気分によってアクセサリーを変えるだけで、一気に今年風になりますよね。

399_16

そんな、アクセサリーを活用したファッションの楽しみ方も好きです。

 

H.P. France(アッシュペーフランス)

http://www.hpfrance.com

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,620円(税込)
文化出版局刊

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

 

※出版社にある在庫はすべて完売しました。現在は、書店にあるものがすべてになります。

下記2店舗には、今のところ随時在庫が確保されています。 

BOOKMARC(ブックマーク)・原宿
東京都渋谷区神宮前4-26-14
TEL:03-5412-0351

agnès b.(アニエスベー)・ロンドン
コヴェントガーデン(地下鉄:Covent Gardenより徒歩1分)

35-36 Floral St, London WC2E 9DJ

TEL: +44 (0)20 7379 1992

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –