その他, ファッション, 展示会・パーティ

December

 

389_00 

昨日(12/1)は私の誕生日で、今年も家族や友人に囲まれて幸せなバースデーを迎えることができました。

歳を重ねるごとに、産まれて来たこと、人との出会いに感謝と喜びを深く感じ、誕生日は「深く感謝する日」に変わって来ます。

先日会った方が、「人は、“0歳から20歳まで”と“20歳からの人生”は、同じ濃さ」とおっしゃっていたのですが、ある意味、納得ですよね。20歳までの子供時代の思い出を大切にしながら、大人の人生も、自分なりに一生懸命進んで行く。新しい歳もそういう思いを大切に、真っ直ぐ進んで行けたらと思っています。

 

389_01

さて、ファッション業界は展示会シーズンまっただ中。

インスタグラムにはほぼ毎日写真をUPしていますが、ブログでも写真レポートしますね。

 

こちらは「KEITA MARUYAMA(ケイタマルヤマ)」2015春夏コレクション、「春には春の、夏にはナツの、」。

389_02

サマーブーケ、ガーデンパーティー、チャイナドレス、一面に咲くひな菊…。ロマンティックに刺繍やビーズで鮮やかに彩られた作品(=服)の数々は、どれも本当に美しくて。

389_03

デザイナーの丸山敬太さん、野宮真貴さん、冨沢ノボルさんと一緒に。

389_05

後日、展示会で試着もさせて頂きました。

こちらはオーダーさせて頂いた、黒のギンガムチェックのワンピース。

春が楽しみです。

 

KEITA MARUYAMA
www.keitamaruyama.com

 

389_06 

こちらは、お友達のアクセサリーブランド「LUDLOW(ラドロー)」展示会。

可愛い新作の日傘を持って。

 389_07

大きなシフォンがあしらわれたバスケット。

389_08

大人気のアニマルモチーフのバッグ。

389_09

デザイナーの森田ありさ&えりか姉妹。

389_11

赤いリップのヘアゴムをオーダーしました。

こちらはノベルティに頂いた、ハンドモチーフのヘアゴム。

 

LUDLOW

ludlow.jp

 

 389_13

こちらはイタリアのアクセサリーブランド「ANTONINI(アントニーニ)」展示会。

厳選された石の光と質感を活かしてすべてが手作業で製作される美しいジュエリーは、本国イタリアでも多くの女性達を魅了しているそう。

389_15

イタリアから来日していたデザイナーのSergio(右)とプレスのFilippo。

389_16

ケータリングのスイーツ、お洒落。(この“手”の正体は、展示会にいたイタリア人の男の子。)

389_17

お土産に頂いた、レザーのバングル。

 

389_32

こちらは私のご贔屓ブランドのひとつ、「Kate Spade New York(ケイトスペード)」、2015年春の展示会。

389_33

春はグリーンなアイテムが目白押し。バスケット新作はカエルとカタツムリ。

389_34

ハートのトートバッグ。

389_37

キュートなプレスの御三方。

389_36

来年は、靴の流行がフラットシューズになるのも、注目すべきところです。

 

Kate Spade New York

www.katespade.jp

 

389_18 

MANOUSH(マヌーシュ)」プレスルームへ。

389_19

今期のドレスを試着。

 

MANOUSH

www.manoush.com

 

 389_20

メイクアップアーティストの早坂香須子さんの新刊「YOU ARE SO BEAUTIFUL 最高の私に出会う7日間」出版パーティーへ。

私もビューティトークが好きですが、さすが早坂さんのプロの目で厳選された美容アイテムは、興味深い。大変読み応えのある1冊です。

389_21

パーティー会場では15年ぶりくらいに、モデルの千葉アリサちゃんに再会。

アリサが12才のときに初めて会った印象と全く変わらない、人なつっこい笑顔で「SHOKOちゃ〜ん!」と近寄って来て、昔と変わらない姿がとても懐かしかったな。

389_24

話は変わりますが、お料理は、毎日の楽しみ。

インスタグラムを始めてから、いつも活動的に動いているように思われがちですが、東京にいる時は家でご飯を頂くのがなによりもの私の基本。

朝と夜は必ず自炊して、主人とふたりで頂いています。

389_25

この日はロンドンから来日中の友人たちを家にお招きしたのですが、アペタイザーの時点ですでにたくさん用意しすぎてしまったので、急きょご近所で仲良しのユカリ・フレッシュさんファミリーやお友達にもお声掛け。気の知れた仲間と、楽しい夜でした。

ちなみに、右手前に写っている豆乳シフォンケーキとココアクッキーは、お菓子作りのプロである姉の手作り♡

本当に美味しくて、あっという間になくなってしまいました。

  389_27

先週は、アジアにも行って来ました。こちらは台湾での一コマ。

389_26

小龍包、スタンダードなものからベジタリアン、シーフードなど、色々な種類が頂けて大満足。

 389_29  

アジアの街は、すっかりクリスマスのデコレーションで華やかでした。

東京に帰ってから私も、家のダイニングをクリスマス仕様に飾り付け。

DIPTYQUEのクリスマスキャンドル「hiver(冬)」と「résine(樹脂)」が、ロマンティックな冬の香りを作り上げて。

389_30

主人のライブツアーもはじまりました。この日は、東京での初日。

ゲストで歌われた野宮真貴さん、キラキラした存在感と歌声に、改めて大ファンに。

ライブ後に、真貴さん、ノボルちゃん、レスリーと。

 390_01

最後に、先日の名古屋でのフランス人イラストレーター、ペネロープさんとのトークイベントの様子を、私のもう一つのブログ「装苑オンライン」にUPしました。

 

こちらも是非、ご覧下さいね。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

★SHOKOの Instagramがスタートしました。shoko_london

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,620円(税込)
文化出版局刊

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

 

※出版社にある在庫はすべて完売しました。現在は、書店にあるものがすべてになります。

下記2店舗には、今のところ随時在庫が確保されています。 

BOOKMARC(ブックマーク)・原宿
東京都渋谷区神宮前4-26-14
TEL:03-5412-0351

agnès b.(アニエスベー)・ロンドン
コヴェントガーデン(地下鉄:Covent Gardenより徒歩1分)

35-36 Floral St, London WC2E 9DJ

TEL: +44 (0)20 7379 1992

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –