コレクション, ファッション

In Tokyo

 376_01

CHANEL(シャネル)」の 2014-15年 クルーズコレクション にご招待頂きました。

376_02 

こちらは、5月にドバイで発表されたクルーズコレクション。

中東のオリエンタルなイメージが強く打ち出されたアイテムも、シャネルらしく上品できらびやかに表現されて、なんともロマンティック。

 376_03

特に注目すべきは、アクセサリー。

左のルックのモデルの手元にご注目。

なんと、ゴールドのキルティングレザーで作られた、ジェリカン型のハンドバッグ!

376_04 

写真もたくさん撮ったので、こちらのコレクションについてはまた近日中にブログをUPしますので、お楽しみに。

 

CHANEL

http://www.chanel.com

 

 

37620

この日はその足で、「Kate Spade NY(ケイトスペード)」のプレスルームへ。

今年の春、私はロンドンにいたので銀座店のオープニングに伺えなかったのですが、この日は少しゆっくり出来ました。

376_06 

こちらの旗艦店は、本国アメリカ以外ではこの銀座店が初。

3フロアに渡ってアイテムが豊富に揃えられ、アジアで唯一“マディソン・アベニュー・コレクション”が見られるのも、こちらの店舗だけ。

 376_07

プレスルームで用事を済ませた後は、気になるアイテムをチェック。

月代わりで都市をたどって行くコレクション、今季のテーマは「上海」。素敵ですね。

私が手に持っているバッグは、なんと鳥かご。

 376_08

チャイニーズランチBOXの型バッグも。

 

ケイトスペード

https://www.katespade.jp/

 

376_09

そんな毎日の中、久しぶりに旧「mc Sister」仲間とお食事会。

左から、歩、はまじ、美和子、麻紀、私、えり。

 

多感な10代の頃に仕事をするという、特殊な環境で過ごした共通の感覚を持った私たちが、みんな大人になっても変わらずそれぞれの毎日をみんな一生懸命に生きているんだ、ということを強く感じて、なんだか胸が一杯になってしまいました。

376_10

出産を控えているハマジ&エリはもちろん、皆がそれぞれポジティブ&ハッピーに過ごしていて、それを表しているようなキラキラ輝く笑顔が印象的でした。

最後に出てきたデザートには、偶然にも、「福」!

 376_12

お食事後、同じカメラを持っていた田丸麻紀chanにレクチャーを受け、真剣に教わる私。(その様子は、麻紀のブログで。)

 376_11

さらにトークで盛り上がる…(気付けばレストランで私たちが最後のお客に。)

376_13

皆にインスタグラムのことも教わって、やっと私もスタートしてみました。

そういえば、ブログにもUPしていない写真が日々たくさんあるので、気ままにUPして行きますね。

376

Instagramアカウントは、 shoko_london です。

 

 376_14

さて、こちらも旧友ネタ。

今でも兄弟のように仲良しの、幼馴染みの地元の男子たちが、麻布十番にセレクトショップ「KOOKY(クーキー)」をオープンしました。

 

私たちは東京の自由な校風の中で育ったので、同級生は男女や学年などあまり意識せず、みんな仲良く過ごしていました。

ティーンの頃から都会の音楽やファッションに囲まれて、放課後は最新のアナログ盤を皆で聴いたり、男女関係なくオリーブやキューティー、ポパイなど雑誌を回し読みしていたのも、今思えば贅沢な思い出。ファッションや音楽は、アメカジからフレンチカジュアル、音楽もHIP HOPやR&Bなどに流行が移りだした1990年代のことです。

 376_15

こちらのショップをオープンしたオーナーの同級生男子二人は、大人になってファッションの仕事に携わり、その経験を活かしてお店をスタート。

レディース服がメインです。

 376_16

アクセサリーも充実して。

376_17

こちらはネイティブアメリカンの方がひとつひとつ手作りされているというレアなアクセサリー、可愛い!

376_18

なぜか、お店のバッグをすべて手に持たされて。

 

感じたことを本気で伝え合っても心の底で繋がっていられる深い友情は、私の人生においてとても貴重だと感謝しています。大人になればなるほど。

そんな大事な友人たちの活動を、応援せずにいられません。

 

麻布十番の商店街の中という便利な立地なので、私もちょくちょく通ってしまいそう。

皆さんも是非、覗いてみて下さいね。

 

KOOKY

http://kooky-tokyo.jp/

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,620円(税込)
文化出版局刊

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

 

※出版社にある在庫はすべて完売しました。現在は、書店にあるものがすべてになります。

下記2店舗には、今のところ随時在庫が確保されています。 

BOOKMARC(ブックマーク)・原宿
東京都渋谷区神宮前4-26-14
TEL:03-5412-0351

agnès b.(アニエスベー)・ロンドン
コヴェントガーデン(地下鉄:Covent Gardenより徒歩1分)

35-36 Floral St, London WC2E 9DJ

TEL: +44 (0)20 7379 1992

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –