イギリス, バッグ, ファッション

meli melo, Red Thela bag

373_01

西ロンドンの閑静な住宅街ノッティングヒルから、イギリス最大のアンティークマーケットが広がるポートベロー・ロードを北上すると現れてくるゴルボーン・ロード界隈には、可愛いカフェやショップ、小さなストリートマーケット(それもすべてオーガニックフード。)が次々とオープンしていて、今ロンドンでも話題のストリートのひとつ。

373_02

そんな注目の場所に素敵なお店を構えているのは、以前もブログにご紹介したことのある、ロンドン発のバッグ・ブランド「meli melo(メリメロ)」。

 

以前のブログ→http://blogs.elle.co.jp/shoko/2014/02/meli-melo/

373_03

先週は、お店に行くのをと〜っても楽しみにしていたのです。

 

その理由は・・・ 

373_18

メリメロの定番バッグである「Thela bag」の新作に、私の大好きな“赤”が入荷したから!

 

デザイナーのMelissaからも、「This Red is so you!(この赤はあなたね!)」とメッセージカードを頂いて・・・♡

373_09

嬉しくて、バッグを持ってゴルボーン・ロード周辺を歩き回り、

373_

ポスターと同じポーズをしてみたり、

(バッグの中にあるクリップを留めると、こんな風に変形します。)

373_08

ショルダー型でも持ってみて、

373_06

ワクワクが止まりません♪

373_04

秋は、トレンチコートに合わせたいな。

これからの季節、ますます大活躍すること間違いなしです。

373_10

せっかくなので、この日、お店で見た新作もいくつかご紹介しますね。

373_11

プレスのConnieにお似合いのフリンジのバッグは、上質なスウェード素材とデザインがエレガントながら、カッコイイ。

373_12

チーター柄のフリンジは、私が次に狙っているアイテム。

373_13

フワフワのファーがついたタイプは、人気商品。

メリメロのバッグは、特殊な発色にかなりこだわっているそうで、こちらのダスティーなピンク色も絶妙で素敵ですよね。

373_14

グリーンのスゥエードにチーター柄のコンビネーション。

373_15

メタル素材にシープスキン。

373_20

パリやロンドンでも、女優やモデル、世界中のファッショニスタに愛用されている「メリメロ」のバッグ。

373_19

 

ロンドン発、大人の女性のための、上品で可愛いイットバッグ。

 

日本への郵送も可能とのことなので、ウェブも是非チェックしてみてくださいね。

 

meli melo

www.melimelo.co.uk

住所:324Portobello Road, London W10 5RU

(Ladcbroke Grove駅より徒歩5分)

電話:+44 (0)207 835 1363

 

※ メリメロのバッグは、日本では「アッシュ・ペー・フランス」にてお取扱いがあるそうです。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –