イギリス

The end of summer in London

 371_01

夏が終わりつつあるロンドン。

371_02

2000年代に入ってからずっと“食”ブームが続くロンドンは、

371_31

美味しいものに溢れていて、

371_34 

どうしても食べ物の写真が多くなってしまうけれど、

371_03

懲りずに“美味しい写真”、UPしますね。

371_05

とある午後、優雅なピンク色のラウンジで、

371_06

頂いたのはラズベリーのマカロン♡

371_07

素敵なガーデンのあるレストランでは、

371_08

デザイナーのEmilyと、3時間ノンストップトーク!

371_09

ノッティングヒルにあるパブの外観、夏は驚くほどお花が満開。

371_10

グリーン色のイチジクを発見したので買ってみたけれど、まだ熟れていなかったみたい。

371_11

話題のMaltby Streetのフードマーケットで、土曜日にケーキ屋さんを開いている「Poppy & Sebastian」。

371_12

パティシエのPoppyが作るケーキは、可愛くて、美味しくて、センスも味も大好き。

371_013

この日私が頂いたのは、チョコレートケーキにスミレのデコレーション。

と〜っても美味しかったです。

371_14

毎週通ってしまうほど大好きなバーンミー(ベトナミ−ズサンドイッチ)の「Banh Mill」。

ロンドンではバーンミーはブームなので、色々なお店で試食中。どこも美味しいけれど、食材が最高にフレッシュなお店「banh Mill」は私のベスト。

371_16

バーンミーとは、バゲットにニンジンと大根、パクチーがサンドされていて、メインを豚・チキン・お魚・豆腐などから選べるエスニックなサンドイッチ。私はいつもチリソースもパクチーも多めで、スパイシーにリクエスト。

371_17

この夜は、1940’sの音楽を聴きに、スゥイング・ダンスのイベントにお出掛け。

371_18

会場は、イーストロンドンにある老舗の小さなミュージックホール。

371_19

今ロンドンでは、スゥイングダンスの再ブーム。

371_20

ダンスが踊れるのってカッコイイな。

371_21

私も友人たちと、お気に入りの1940年代のヴィンテージドレスを着て。

とっても楽しい夜でした。

 

 

さて、ロンドンでのお仕事もはかどっています!

 

371_22

春から進めていたデザインの仕事、この日はプロジェクトの最終ミーティングだったので、朝食を頂きながらスペシャルに。彼女はいつもとても可愛い♪

371_23

お互い、赤のショートネイルでした。

こちらのプロジェクトは、秋になる前に皆さんに発表出来るかな。お楽しみに!

371_24

ロンドンでも、新曲のレコーディング。

371_25

エンジニアのTobyに歌唱アドバイスを受けて、

371_26

歌詞も念入りにチェック。

371_29

週末だけ、スイスに住む妹がロンドンに来てくれました。

撮影も続行。私の著書「女の子のためのロンドン・ガイド」でも、私が写っているショットはすべて妹が撮ってくれているのですよ。

写真は、お土産に持って来てくれた、とびきり美味しいスイスのチョコやドライフルーツ。すべてオーガニックで、いつも私の好きなものばかり持って来てくれる、優しい妹。

371_27

ロンドンの「agnès b. (アニエスベー)」Covent Garden(コヴェントガーデン)店では、女の子のためのロンドン・ガイドが早くも売り切れ。

371_28

来週木曜に、再入荷予定です。

すべてサイン入りにしましたので、ロンドンにいらっしゃる方、28日(木)以降に是非こちらでお求め下さいね。

 

agnès b.(アニエスベー)

コヴェントガーデン(地下鉄:Covent Gardenより徒歩1分)
35-36 Floral St, London WC2E 9DJ
TEL: +44 (0)20 7379 1992

 

371_32

最後に、ビューティー・トーク。

MACで新しいリップを購入。リップはMACが一番好きで何色もドレッサーに並べていますが、結局ほぼ毎日使うのは、赤。

今回、もう何本もリピートしている「Russian Red」より少しブライトなマットレッドの「RETRO MATTE」にシフト。同時にリップペンシル「CHERRY」も購入。どちらもネーミングが可愛いですね。

371_030

ネイルはTOPSHOPの地下にあるビューティーサロン、”TOPSHOP beauty”で。ジェルの施術が早くてキレイで気に入っています。

この日担当してくれた韓国人の女の子は、この週を最後に帰国してしまうのだとか。

371_33

私が初めてひとりでロンドンに留学に来たのも、今から15年以上前、9月の初めのことでした。

青空が高くて、風が冷たくて、秋のロンドンは本当にさわやか。この時期の風の香りを嗅ぐと、その頃のことが一瞬にして思い出されて、胸がきゅんとなります。

 

色々な人が色々な思いを持って来ては去り、また訪れるロンドン。

 

今回は長い滞在でしたが、いよいよ私も本格的な秋になる前には東京に戻ります。

 

ラストスパート、気合いを入れて、頑張ろう。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –