アニエスベー, ファッション

agnès b. HOMME 2015春夏コレクション

先日のブログでお話した、パリの本社で行なわれた「agnès b. HOMME(アニエスベー オム)」2015年春夏コレクション。

とても素敵なルックばかりで、観ていてとてもワクワクしたので、写真をご紹介しますね。

今季、特に気になったのは、白黒モノトーンのコーディネイト。

シンプルだからこそ、着こなしに自分らしさが出てカッコイイ。

それから、夏らしく軽い素材感や、

ドットやストライプの柄、

ピンクやオレンジの色使いなど、ディテールも印象的でした。

また、特に今回気になったのは、小物使い。

バイカラーのスニーカーやメッシュの革など“白い靴”が、今っぽくてクールでした。

ショーのラストは、レッドカーペットの上を、フォーマルウエアのカップルがウォーキング。

そして・・・

ショーの最後に出て来られたアニエスには、お孫さんから花束のプレゼント!

なんともSweetな瞬間でした。

ショー後のレセプションでは、アニエスベーのアイコンのひとつ「ポワンディロニー」のTシャツを着たボーイズ達が、ドリンクサービス。

 

※ ポワンディロニーとは、アニエスベーのアートプロジェクトのひとつとして発行されている冊子のタイトル。ちなみにこのマークは、19世紀の終わりにフランス人作家のアルカンテール・ド・ブラームによって提唱された“皮肉めいた内容を指し示す”句読点。

www.pointdironie.com

大好きなアニエスとは、約3ヶ月ぶりの再会。

アニエスの本 「collection agnès b.」にサインをもらって、おしゃべり。

 

collection agnès b.

アニエスベーが30年以上前から収集しているコンテンポラリーアート作品の数々が載っているアートコレクションブック。

コレクション会場では、お洒落なゲストがたくさん。

帽子をかぶられている方が多かったのも、夏ならでは。

私は、この夏一番お気に入りのワンピースで。

 

一年のうち、一番良い季節のパリで行なわれるHommeのコレクション。

最後に、「Bonnes vacances!(良いヴァカンスを!)」のひとことで去るのも、ロマンティックで、フランスらしくて、とっても好きな場面です。

 

agnès b.(アニエスベー)

www.agnesb.com

 

P.S. 「装苑オンライン」のブログもUPしました。

http://fashionjp.net/soen/blog/shoko/

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –