アニエスベー, フランス

In Paris

 

週末は、パリへ。

初夏の雨が降って、すこし肌寒い。

いつものカフェで、一人でブランチ。

ここのクロックマダムは、軽くて好きなの。

パリはいつ訪れても“パリらしい”自然な空気が流れていて、やっぱり大好きな街。

歩いているだけで心がシャキッとします。

雨が強くなって来たので、カフェでひとやすみ。

なかなか予定通りに進めないのも、パリらしくて良いのかも。

パリ1区のrue du Jourにある「アニエスベーHOMME」へ。

こちらはアニエスベーが1976年に初めてお店をオープンしたショップで、アニエスにとっても思い入れ深い場所なのだとか。

窓からスタッフが「Bonjour!」。

現代アート専門のアニエスベーのギャラリー「galerie du Jour(ギャラリー デュ ジュール)」では、レトロ・グラフィティズム「SHANGHAI 1930」が開催中でした。

アニエスベーの本店は、私の大好きなお店。

ディスプレイも可愛い。

 

agnès b.(アニエスベー)

住所:rue du jour 6 75001 PARIS

地下鉄:Etienne Marcel メトロ4番線

休:日曜日

 

ELLEオンライン「SHOKOの2014秋冬パリコレジャーナル」でもご紹介したカンボジア料理も、最近パリに行くたびに訪れるお店。

私の好きな海老のボブン。

この週末はなんと、私のブログではお馴染みのELLEオンライン編集長Tommyちゃんもパリでお仕事中、という偶然!

そして、東京にいてもパリでもほぼ毎週会っている仲良しのアニエスベーのプレス藤枝さんと、同じくアニエスベーのグラフィックデザインを担当されている黒田さんと、サンジェルマンにあるカフェ・ド・フロールで待ち合わせ。

藤枝さん、この日も着てくれているけれど、私のアートワークのアニエスベーTシャツをいつも愛用してくれていて、嬉しいな。

 

このあとは藤枝さんのお友達もバーゼルから合流して、公私ともに仲良しの皆とパリで過ごせるなんて、短い時間だったけれど、とても良かったです。

(この二日後には、皆それぞれが違う国の違う都市へ。)

 

翌朝のパリも、小雨。

久しぶりに、ラスパイユのビオマルシェへ。

野菜も果物も石鹸も、並んでいるのはすべてオーガニックのもの。

このマーケットの看板のひとつでもある、“タマネギとチーズのガレット”。

鉄板でチーズが焼ける香りが、食欲を刺激します。

世界中どの街に行っても、私が決まってマーケットでチェックするのは、ドライフルーツのストール。

 

この日は何を買おうか迷っていたら、通りかかったフランス人の女性が、

「ここのお店はアプリコットとクランベリーが絶品よ。」と教えて下さったので、大好物のイチジクも合わせて購入。

アドバイス、大正解。特に、“リンゴジュースで漬けたクランベリー”が美味しかったです。

それから、いつものストールで“ココナッツとレモンのサブレ”を購入。

お昼になると、雨も上がって空は快晴に。

 

初夏のパリは、2015年春夏メンズコレクションの真っ最中。

世界中のファッショニスタ達が又この街に集まって来ていました。

夏になるたび愛用しているのは、「SHOKO for To b. by agnès b」2010年のコラボレーションで作ったトートバッグ。

(ビオマルシェでお菓子を買いすぎて、中がパンパンだけれど。)

アニエスベーHOMME」のコレクションを観るのは数年ぶり。

2015年の夏は、スタンダード、クール、ロックでありながら、ポップな印象。

観ていてとってもワクワクした、素敵なコレクションでした。

大好きなアニエスにもお会い出来ました!

 

コレクションの様子は、また改めてブログをUPしますのでお楽しみに。

 

agnès b.(アニエスベー)

www.agnesb.com

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –