イギリス

London Summer

こんにちは。

ロンドンに戻って来ました!

夏の日射しが強く、青空の美しいロンドン。

大好きな季節が訪れました。

カフェも、

アンティークマーケットも、

スイーツも、

すべてがいつもの光景。

ワクワクします。

戻ってすぐに、親友フォトグラファーのJuliaとお茶。

20時でも外は明るく、オープンカフェで気持ち良く過ごせる最高の時期になりました。

 

ロンドンでは、仕事にミーティングに忙しい毎日ですが、この街にいるだけでパワーが貰えるのが不思議。

今日はマーケットにて、ヴェルサーチの幻のアイテム“メデューサ”を見かけたり、

ポートベローにある、ロンドンのアップカミングなバッグブランド「meli melo(メリメロ)」へ。

絶妙な発色がとっても可愛い、春夏の新作。

ヘビ柄も、メリメロならエレガント。

他にも素敵なバッグがたくさん入荷していたので、また後日ご紹介しますね。

Meli melo
www.melimelo.com

こちらはお気に入りのチョコレート屋さん「Paul A Young(ポール・エー・ヤング)」。

こちらのブラウニーは、Time Out誌も絶賛する一品。

この日は、新発売の“グルテンフリーのブラウニー”をチェック。

Paul A Young
www.paulayoung.co.uk

ロンドンのアーティスト集団が手掛けるお洒落なセレクトショップ「Luna & Curious(ルナ・アンド・キュリオス)」では、夏の間だけケント地方のアイスクリーム販売がスタート。

おもちゃ箱をひっくり返したようなキラキラした新商品のほか、クリスマスシーズンに発売するグッズの展示も見せて頂いたので、こちらもまた改めてブログUPします。

Luna&Curious
lunaandcurious.com

 

さて、私の友人からお知らせがあります。

彼はロンドン出身のミュージシャン、Tom Vek(トムヴェック)

私のセントマーティンズ芸術大学からの仲間であり、才能あふれるシンガーソングライターです。

 

2005年に発表したファーストアルバムは、UKのミュージックシーンで瞬く間に話題沸騰し、世界各国でライブを行なうほどの人気者になったので、音楽好きの方はご存知のはず。

様々な楽器演奏からプロダクションまで一人で手掛け、一貫したポリシーが一ミリもずれることない彼の音楽。自身が手掛けるジャケットアートワークにも表現された独特な世界観は、洗練されたセンスがところどころに光っていて、私も友人でありながらファンの一人です。

そしてこの度、Tomが3作目となるニューアルバム「Luck」をリリース!

 

それに合わせて、既に決まっている本国イギリスやフランスでのライブツアーの他、日本公演も実現に向けて始動中。

下記のサイトで署名(チケット予約)が100名集まったら実現する、という仕組みだそう。私ももちろん観に行きたいので、署名済み。

 https://www.alive.mu/event/detail/9

このブログを見て下さっている方で、「Tom Vekのライブが見たい」という方は、是非7月末までにこちらからご予約してくださいね。実現しますように!

 

 

それではまた、夏のヨーロッパからブログをお届けします。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –