その他, カルチャーその他, グルメその他

food and music

 

ロンドンで生活していると、街にクリエイティブな刺激が溢れていたり、人が個々でいられることなど、クリエイターとしても一人の女性としても暮らしやすく良い所はたくさんあるけれど、毎日さりげなくひそかな喜びを感じていることは、“音楽”と“食”です。

ロンドンの食に関しては「女の子のためのロンドン・ガイド」にも書いたように、2000年を越した頃から人気スターシェフのレストランが次々とオープンし、街にコンセプチュアルでお洒落なカフェが溢れ、それでも同時に何十年前からあるインドカレーやベトナミーズなど昔ながらのレストランも変わらない美味しさで存在し続け、今やロンドンの街は美味しいものだらけ。

この日はブリティッシュレール(電車)の下にお店を構える天然酵母のパン屋さんにて、仕事の合間にサッとランチ。レンズ豆のスープには、添えられたヨーグルトとチリとパクチーが絶妙なバランス。焼きたての天然酵母カンパーニュと一緒に。

OFFの日、西ロンドンの少し先まで足を伸ばして、友人とティーサロンへ。

アフタヌーンティーを頂きながら、お喋りに花が咲く午後。

ケーキやスコーンの美味しさはもちろん、プレゼンテーションも可愛い。

 

ここ数年であっという間にロンドン中で流行したベトナミ−ズサンドイッチ「バインミー」。

甘辛に味付けされた三枚肉のポークと、キュウリ、にんじん、パクチーが入っていて、どこで頂いても本当に美味しい。

いつも、「パクチー大盛り」で注文。

 

ここ一年、グラノーラを作るのにも食べるのにもハマっています。

朝は最近、ヨーグルトにグラノーラ。大好物のイチゴやラズベリー、ブルーベリーをたっぷり乗せて。

東京では自分で作るのが好きですが、ロンドンではいくつかお気に入りのカフェやグロサリー自家製のものを買って、研究がてら食べ比べています。

Melrose and Morganのサワーチェリーグラノーラは「Great Taste 2013」の星付き商品。甘さが程良い。

お店によってドライフルーツの種類やメイプルシロップの量もそれぞれなので、もちろん味も食感も全然違うし、パンプキンシードを入れると美味しいんだな、とか、フルーツとオーツの分量の比なども参考になります。

でも結局、甘さも中身も好きに調整できる、自分で作ったグラノーラが一番好きかも。(当たり前ですね。)

さて、私のもうひとつの楽しみ“音楽”に関しては、私は特にロンドンでライブに行くのが大好きですが、気軽にフラッと一人で行ったり、友人と数人で行くのもまた違った楽しみが。

 

先々週は、一人で気ままに、ふたつのライブを見にいきました。

奇遇にも、二つともカムデンタウンの同じべニュー。

月曜は、「Babyshambles(ベイビーシャンブルズ)」のライブへ。

カムデンは、彼らのホームタウン。だからなのか、より思いが籠っているような、熱くて、気持ちの高まるライブでした。

ピートはやはりカリスマティック。良いライブが見られて良かった!

週末は、グラスゴー出身のロックバンド「Franz Ferdinand(フランツフェルディナンド)」のライブへ。

1stアルバムツアーのロンドン公演で見た以来だから、私にとっては約10年ぶりのフランツのライブ。

セットリストがすごく良くて、ライティングや演出もばっちりキマってて、何より演奏に芯があって、オーディエンスも大人な雰囲気で、予想を遥かに超えるほど楽しいライブで・・・ 久しぶりに、はしゃいでしまいました!

私は10代の頃からライブやバンドのTシャツが大好きで、今やたくさんのTシャツコレクションを持っていますが、近年はキリがないので買わないようにしていますが・・・やっぱりフランツのデザイン周りは19世紀末〜20世紀初頭の美術運動ロシア・アヴァンギャルドがベースにあるだけあって、こだわってる。

今回のヨーロッパツアーTシャツはデザインも形もカッコ良くて、つい買ってしまいました。

最近は、当日のライブがすぐにCDになるのですね。

それを販売していたスタッフの可愛い女の子。

帰り道、グラノーラとライブのことを考えながら夜空の下を歩いていると、東京でレコーディングを終え、全国カフェライブツアーに出ている主人から電話。

ライブのことを興奮まじりに語った後、そういえばグラノーラ…と話し出す。

私用のグラノーラは甘さ控えめヘルシーに作るけれど、主人用はいつもメイプルシロップとドライパイナップルたっぷり、のリクエスト。今回、私が作り置きしてきたものは、あっという間に食べてしまったみたい。

 

お互いが出張を終えて東京に戻る頃に、ロンドン仕込みの新しいレシピで作ってみるのも、今の楽しみでもあります。

 

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

その他

ELLE mariage

 

こんにちは。

ロンドンは青空が広がって、気持ちの良いお天気です。

 

今日は皆さんにお知らせがあります。

3月22日発売号の「ELLEマリアージュ」にて、私たちが約一年前にスウェーデンで行なった結婚式と、ロンドン&東京でのパーティーの様子を少しだけご紹介させていただきました。

 

どんな結婚式をしたのか、どんなウエディングドレスを着たのか、今までご興味を持って下さっていた方々、ありがとうございました。

 

私達は、自分達らしい形での結婚式について2人で何度も話し合い、主人が20年来レコーディングで訪れているゆかりの地、スウェーデンの最南端マルメ近郊の森の中での結婚式を決めました。

 

ドレスは、私が世界で一番大好きなデザイナーであるアニエスベーからのプレゼントでした!

実は何度もパリに渡ってアニエスベー本社でフィッティングを行ない、アニエスが私のために創って下さった、一生の宝物です。

(主人の衣装もアニエスベー特製です。)

 

 

私が今いるロンドンでのパーティーにも友人がたくさん集まってくれて、先日バルセロナから来てくれたAKIちゃんも、実はそのために数時間だけ、ロンドンまで来てくれたのです。皆の気持ちが、本当に嬉しかったです。

 

 

主人とは長く交際してきましたが、今思い返しても、あの結婚式の日は、それまでのどの日にも代えられない、特別な想いに溢れた日。

 

その様子を、ほんの少しですが、宜しければご覧になって下さいね。

 

 

ELLE mariage(エル・マリアージュ)

「アーティストSHOKOのおしゃれウエディング日記」

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

イギリス

AKI in London

大好きなお友達、モデルの米田有希ちゃんが、バルセロナからロンドンに会いに来てくれました!

まずは、Angelのカムデンパッセージへ。

私のお気に入りのアンティーク・マーケットのひとつです。

ネックレスのチェーンを物色中。

カムデンパッセージにある、素敵なコレクションを揃えるヴィンテージショップ「Four and Twenty Blackbirds Tarot」にて、オーナーのアデルと話し合うAKIちゃん。

こちらのショップでは、私の著書「女の子のためのロンドン・ガイド」を取り扱って下さっています。ロンドンの別のショップでは有難くも完売したので、今後ロンドンでロンドンガイドをお求めの際は、是非こちらへ。

 

Four and Twenty Blackbirds Tarot(フォー・アンド・トゥエンティー・ブラックバーズ・タロット)

住所:12 Pierrepont Arcade, Camden Passage, London N1 8EF

※オープンは水曜と土曜。

 

楽しいティータイム♡

 

「食」の趣味も合う私たち。特にエスニック料理好きなのですが、ロンドンはエスニックレストランの宝庫なので、AKIちゃんを連れて行きたいお店がたくさんあって。考えた末、オススメのベトナミーズへ。

生春巻き(ゴイクン)、揚げ春巻き(ネム)、ベトナムサンドウィッチ(バインミー)、汁なしの麺、バナナの花のサラダ……すべて美味しく頂きました。

お料理を待つ、可愛いAKIちゃん♡

 

そして日曜日は、朝からコロンビアロードのフラワーマーケットへ。

フラワーマーケット沿いの住人で、いつも窓辺に座ってカップケーキを売っている女の子。久しぶりに会ったら、とても大きくなっていて驚いてしまいました。

こちらは数年前に撮った写真。今はもう立派なレディですね。

 

この日の私のコーディネイトは、AKIちゃんのブランド「Omas Hände(オーマスヘンデ)」の赤ボーダーコットンニットに、アニエスベーの赤いスカート。

こちらのボーダーニット、AKIちゃんのビデオ https://www.facebook.com/photo.php?v=769391636410755 が可愛すぎて…!

すると今回、AKIちゃんがプレゼントしてくれました♡嬉しい〜!

ロング丈なので、夏には一枚でワンピースとして着るのもまた楽しみ。

 

そして家族の待つバルセロナに帰って行ったAKIちゃん。

 

あっという間の2日間だったけれど、ロンドンの街を歩きながら、たくさんお喋りして、一緒に可愛いものを見て、よく歩いて、美味しいものを食べて…。本当に楽しくて、完全にパワーチャージ出来た週末でした。

 

今度はバルセロナまで、AKIちゃんに会いに行きたいな。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

アニエスベー, ファッション

アニエスベーボヤージュ "Le travail"

 

今日は、お気に入りのバッグをご紹介します。

この春の「アニエスベー ボヤージュ」の新作、「le travail」シリーズです。

 

カラーもサイズもバリエーションが豊富にありますが、私が愛用しているのは、小さなボストンバッグ。

色は大好きなリップスティック・レッド。

 

トレンチコートやワンピースなどフレンチカジュアルにもマッチするし、物がたくさん入るので、東京→ロンドン→パリ間も、このバッグで移動しています。

なにより、デザインが可愛くて!

 

アニエスベー ボヤージュ」期間限定ウェブサイトでは、今月末までこちらのバッグのキャンペーン中。

好きなカラーに投稿すると、限定バッグが抽選で当たるのだとか。

www.agnesb.co.jp

 

私も、あまりにも気に入って、他のカラーもチェックしようと思っています。

 

赤いニットと、赤同士で合わせるのもお気に入り。

 

皆さんも是非チェックしてみてくださいね!

 

アニエスベー

www.agnesb.com

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

ファッション, フランス

from Paris – two

 

パリのファッションウィークに肌で触れた毎日は、世界のファッション界のトップとはどのような所なのか、第一線で活躍する方々の緊張感を感じ、ますます高みを目指して頑張ろうと改めて気合いが入り、大変勉強になりました。

こちらは、印象的だった「Sacai(サカイ)」のショー。

 

パリコレでは、個人的にもとても大きな体験をいくつかさせて頂きました。

改めてELLEオンラインでレポートさせて頂きますので、楽しみにしていてください。

 

こちらは、大好きな「agnès b.(アニエスベー)」のショー会場のエントランス。

スタッフの皆さんが、カーディガンプレッションをお揃いで着ていて、可愛かった!

他にも、今回パリでは、私の人生でとても大切な、大きな緊張感の中での撮影もありました。

終わった途端、楽しみにしていたホットチョコレートを飲みに連れて行って貰いました。

撮影のために2週間チョコを控えていたので、自分へのお土産にもたくさん購入し、無事にロンドンに戻ってきました。

東京での「PUNK+」写真展もいよいよ今週からスタートしますね。

http://blogs.elle.co.jp/shoko/2014/02/punk写真展/

私もパリのアニエスベー本店(rue du jour)にて、クラッシュのTシャツを購入。

 

 

改めて、パリコレ・レポートをお楽しみに!

 

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

ファッション, フランス

from Paris

ロンドンでの充実した撮影をひとまず終えて、私は今、ファッションウィーク真っ只中のパリにいます。

世界中からパリコレの為に、お洒落に着飾った業界のファッショニスタ達が街に群がるこの時期のパリは、普段とはまた違うエネルギーに溢れて。

目が回るような時間刻みのスケジュールで、私も数々のファッションショーや展示会を訪れ、たくさんの刺激を貰っています。

昨日は「Viktor &Rolf(ヴィクター&ロルフ)」や「Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)」のショーを見させて頂き、

夜に観た「Olympia Le-Tan(オランピアルタン)」のショーは、1920年代のキャバレーのような演出が印象的。

ラストはモデルが勢揃い。

ショーの会場では、ファッショニスタを追いかけるたくさんのパパラッチたちに、私も撮られたりして。

「KENZO(ケンゾー)」のショーでは、仲良しの福島リラちゃんと再会。

ショーの他に、展示会も巡っています。

こちらは今日「Charlotte Olympia(シャーロットオリンピア)」の展示会で見た、スリッパとアイマスクのトラベルキット。

食も、もちろん。パリならではの美味しいものを頂いてパワーチャージ。

 

ELLE onlineのInstagramもパリコレ速報を随時UPしているそうですよ。

 

また落ち着いて、パリ・ブログしますね。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –