カルチャーその他, ファッション

フェンディ世界巡回展「FENDI-UN ART AUTRE」レセプションへ

昨日は、イタリアのファッションブランド「FENDI(フェンディ)」が主催する世界巡回展「FENDI-UN ART AUTRE ~フェンディもうひとつのアート、クリエイションとイノベーションの軌跡~」のレセプション・パーティーに招待されました。

 

会場は、東京藝術大学、大学美術館。

ファーのクリエイションにおいて常に時代を牽引してきた「FENDI」の世界観をアートとクラフトで表現した同展は、世界に先駆けて日本で、本日(4月3日)より開催されます!

 

 

会場のエントランスは、1925年にローマのプレビシート通りに誕生したフェンディ1号店のファサードを再現。

 

昔の幾何学模様のインレイを再現した「インレイ・マルチカラー・コレクション」(2000-2001秋冬コレクション)などの作品アーカイヴが、1点づつ真鍮製の半円形モジュラー式ディスプレイに入れられ展示された様子は、圧巻!

 

実際のファー・サンプルの展示も。

壁のタッチスクリーンやウェブアプリなど最新の技術を使って、過去の資料や情報も得られます。

 

 

こちらの部屋「ファーアトリエ」では、イタリアのファー工房をそのままに、職人たちが制作する過程を目の前で見ることができます。

実際に、職人の方々がファー・ミシンを使って、デモンストレーションを!

会場には、ファーアイテムを着られたモデルさんたちのお姿も。

たくさんのファーのサンプル同様、ドローイングボードや工具も展示されて。

 

私が気に入ったのは、こちらのトワルを広げた展示。

スケールも含めて、とっても可愛い!

私自身と比べると分かるように、実物はこんなに大きいの!

それぞれの作品に「二面性」「波」など、興味深いタイトルが。

 

 

 

ひと通り展示を見終わると、桜の木がたくさんデコレーションされたパーティー会場へ案内されました。

桜色のピーチ・ドリンクにキュートなスイーツを頂き、“アートな春”のひと時を楽しみました♪

 

 

 

FENDI(フェンディ)」のクリエイションは、クラフツマンシップ、高い芸術性、職人文化の価値が、なによりの特徴。そんな“こだわり”をこの目で見られる貴重な展覧会へ、是非足を運んでみて下さいね!

 

 

 

【FENDI ― UN ART AUTRE
~フェンディ もうひとつのアート、クリエイションとイノベーションの軌跡~】

会期:2013年4月3日(水)~4月29日(月・祝)

時間:10:00~17:00(入館は午後4時30分まで)

休館日:毎週月曜日 ※4月29日(月・祝)は開館

会場:東京藝術大学大学美術館 展示室3,4 (東京都台東区上野公園12-8)

観覧料:一般1200円 高校・大学生700円(中学生以下は無料)

http://www.fendi.com/jp/fur

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」SHOKO著

2012年6月28日(木)発売  
1,575円(税込)
文化出版局刊

 

SHOKO初の著書「女の子のためのロンドン・ガイド -THE LONDON BOOK-」(文化出版局刊)が6月28日(木)に発売されました。ファッションはもちろんアート、カルチャー、音楽に精進し、そして英国暮らしをこよなく愛するアーティストSHOKOの視点で選んだ女性のためのロンドンの150軒以上のショップやスポットをご案内。さらに英国らしい心豊かな日常に使いたくなるSHOKOの愛用アイテムや、ストリートで出会ったロンドンガールたちのファッションスナップまで、ロンドンがギュッと詰まっています。SHOKOが撮影した美しい写真、ほほえましい写真にイラストも添えられた、ガイドブックとアートブックをミックスしたような楽しい一冊。旅のお供にはもちろん、ページを開くだけでロンドンの空気とそこに集う人達の温度を感じる、女の子のためのロンドン・ガイドです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー