パーティ, 展示会・パーティ

P.G.I. 写真展

こんにちは。
再び東京に帰って来ています。
日射しが強く、風が気持ち良くて、とても良い季節になりましたね!

戻って来てすぐのこの週末は、お芝居鑑賞に始まり、海、江ノ島、スパ、そして台湾からの友人たちと昼下がりに新宿パークハイアットでランチ、それから週末最後の夜はライブにも行って、楽しいこと盛りだくさんになりました。

127-01
海にはボードを持って行ったにも関わらず、波が穏やかで、サーフィンしている人はゼロ。
127-02
急きょ午後からお友達の提案で江ノ島に登り、その後スパへ。
127-03
島のてっぺんで、海を見下ろし頂いた生しらす丼、美味しかった!

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

127-1
さてさて、遡って木曜日の夜は、芝浦(港区)へ。

当日、リニューアル・オープンしたばかりのフォト・ギャラリー・インターナショナル(以下P.G.I.)にて、川田喜久治先生の作品展「ワールズ・エンド World’s End 2008 – 2010」のオープニング・パーティに出席しました。

127-2
実は私、この4月から、P.G.I.のアート・ディレクションを担当しています。

初めてのお仕事は、この展覧会のブローシャ(通称P.G.I.レター)。
スタッフの皆と話し合いを重ね、川田先生の世界感を大切に、仕上がりました!
こちらは展覧会場で貰えるので、行かれた際には是非、お持ち帰り下さいね。

127-3
一目でそのメッセージやパワーに圧倒されてしまう川田先生の作品、オリジナルで見ることが出来て感動でした!!皆さんも、是非この機会にご覧になって、感じて下さい!
展覧会は、7月10日(土)まで。私も今回滞在中に、何度も訪れようと思っています。

それから、7月3日(土)には、スライド・レクチャーが行なわれます。川田先生の
デビュー作である「地図」、そして「Eureka 全都市」から今作「ワールズ・エンド World’s End 2008 – 2010」より、ご本人編集によるスライドを上映されるとのことで、とっても興味深いです!
私も先日、デビュー作の「地図」を見せて頂きましたが、デビュー作とは思えない程の力強い作品のひとつひとつ・・・完全に圧倒されてしまいました。

127-4
パーティーには沢山の方々が出席されました。

127-51
川田喜久治先生と一緒に。

127-6
川田先生の写真集等のデザインを手掛けられている、グラフィック・デザイナーの勝井三雄さんにもお会いしました。

リニューアルした「P.G.I.ショップ」の様子も、またブログでリポートしますね。

それでは、また!