ファッション

シェルブールとロシュフォール

1964年の「シェルブールの雨傘」、そして1968年の「ロシュフォールの恋人たち」。

今までも、数えきれないほど何度も観ている大好きな作品ですが、今回ちょうど日本にいるタイミングでデジタルリマスター版が上映。
 
早速まずは、特に好きな “シェルブール”を観に、劇場へ。

時代、人物、その場その場の空気・感情・台詞、目に見えないものまでが繊細に表現されたジャック・ドゥミによる映像。その時代背景の上に若さと現実がぶつかる切ないストーリーを表情豊かに物語る、ミシェル・ルグランの夢のような音楽。そして、年頃独自の儚い美しさを身体いっぱいに表現している俳優達、特に、カトリーヌ・ドヌーブの、ため息がでるほどのエレガントな美しさ、若さ……。言葉では表しきれない傑作です。

今年は「シェルブールの雨傘」製作45周年だそうです。
名作は、何年経っても色褪せない・・・このようにre-masteredされ、時代を超えて受け継がれて行くことを、嬉しく思います。

58 0
最近は、音楽といえばCDばかり聞いていたけれど、久しぶりに2枚のレコード盤を引っ張りだして、針を落とすことにします。

それでは、また!